menu

経営者のための最新情報

実務家・専門家
”声””文字”のコラムを毎週更新!

文字の大きさ

キーワード

第60回(「漫画全巻ドットコム」)

「社長の繁盛トレンド通信」

◆漫画全巻ドットコム◆

「漏れていた市場をつかむ素人発想」

『漫画全巻ドットコム』のサイト。
男女比は6:4と意外と女性顧客も多い。
海外からのアクセスも少なくないという
『漫画全巻ドットコム 秋葉原店』の店内。アンテナショップ的な意味合いもあり店内は狭いが、ここだけでも300セットは置いてある。「市川の倉庫には8万冊の在庫がある」
秋葉原店には第一巻を「試し読み」できるスペースも。実店舗ならではの仕掛けだ。ちなみに売れ筋は『ワンピース』全巻。「多い時はひと月で2000セットを販売した」という
店舗は秋葉原の裏通りにある。街にはこだわった。「アキバに店があることはシリコンバレーに本社がある『IT企業』というくらいブランド力がある」との判断だ

 


_honbun「話題の作品全巻を、大人買いして、自宅でゆっくり読み耽りたい!」


漫画好きの大人が一般的になった今や、こうしたニーズは高いものだ。
もっとも、学生と違い、仕事でもプライベートでも多忙な人がほとんどだ。
いうまでもなく、ネットなど漫画以外の情報コンテンツも溢れている。
ようするに「週一度の雑誌連載を追うのはめんどくさい」「漫画を買う時間がとれない」というジレンマを、
多くの“漫画好きな大人”は抱えているわけだ。

こうしたニーズをひろって大成長を遂げたのが『漫画全巻ドットコム』だ。

2006年にスタートしたネット通販サイトだが、昨年末には秋葉原に実店舗も立ち上げた。
扱う商品は、文字通り「漫画全巻」。
例えば『ブラックジャック』なら「全17巻・9180円」。
『スラムダンク』なら「全24巻・2万3520円」といった具合に、
各タイトルごとに全巻セットで通信販売している。

人気の秘密はなんと言っても簡便性だろう。

「漫画全巻を一気に購入」するのは、実は多大な苦労を要する。
まず陳列スペースの限られる書店には、
よほどの人気作でなければ全巻が揃っていることは希だ。
アマゾンなどのネット書店ですら、数巻は歯抜けであることが多い。
さらに全巻セット販売をしていないため、各巻のページを一冊一冊クリックする必要がある。
例えば計155巻までリリースされている『ゴルゴ13』なら、
全巻買おうとしたら155回以上は確実にクリックする手間がかかるわけだ。

しかし、同サイトは、漫画全巻に特化した通販サイトなので、ほぼワンクリックで全巻が購入できる。

送料は無料になっても、セット購入で割引になることはない。
にもかかわらず、今や年間売上は約10億円にも及び、予想通り、最も多い客層は漫画好きの大人。
圧倒的に「30代中頃の団塊ジュニア世代」だという。

着想のヒントは創業者であるオーナー・安藤拓郎さん自身の体験だったという。
安藤さんは前職の商社マン時代から、休日になると、まずは朝昼二食分の弁当とお酒を購入。
その後、自宅にひきこもって、朝から晩まで漫画を読みあさっていた。
土日のうち、片方はサーフィンなどでアグレッシブに過ごしながら、
一方では、そんな「プチひきこもり」の生活をエンジョイしていたそうだ。

「自分と似たような人間は多いに違いない!」。そう考えて、当初は「引きこもりセット」として、
ピザやビールと共に漫画全巻を通販する事業を考案した。
しかし、飲食物は認可などで手間取る。
そこで残った商材が「漫画の大人買い」だった、というわけだ。

当初はサイトを通じて注文が入るたびに、ブックオフなどの都内の古本店を歩き回り、
全巻セットを揃えて売るスタイルを試した。
いわば既存の古本店を「倉庫」とすることで在庫ゼロを目指したわけだ。

しかし先述通り、既存の書店で漫画全巻を揃えることは極めて困難なことを実感。
結局、紆余曲折の末、前もって在庫を揃えるように。
さらに安定した商品供給を目指して、トーハンなどの卸業者と契約して全巻新品販売となった。
今では市川市に約200平方メートルの物流倉庫も有する。

「すでに書店業界にいたなら、漫画全巻販売など『コストがかかりすぎる』
『ペイできない』などと考えて、立ち上げることすらできなかったはずです。
走り出してから、全巻を揃えたり、在庫を確保することがこんなに大変だと思い知った(笑)。
だから『いいとこをついた』『スキマ狙いがはまった』といわれると、
少しくすぐったいんですよね」(安藤代表)

経験やスキルは、時に新しい変化のさまたげになる。
またマーケティング手法や計数管理も、頼りすぎると頭でっかちになりがちだ。
もちろんそれらも大事だが、良い意味での「素人発想」こそが、
お題目ではない「顧客視点」を呼び込み、成功へと繋がるカギなのかもしれない。
『漫画全巻ドットコム』の成功を見ると、改めてそれを感じる。(カデナクリエイト/箱田高樹)


◆社長の繁盛トレンドデータ◆
『漫画全巻ドットコム 秋葉原店』
東京都千代田区外神田1-8-7 神林ビル401号
定休日:月~水
TEL:03-3254-4220
http://mangazenkan.com/

第59回(「勉強カフェ・ブックマークス」)前のページ

第61回(「九州料理専門店 新橋 有薫酒蔵」)次のページ

関連記事

  1. 第75回 立場を見極め新しいビジネスを考案する「ippuku 淡路町店」

  2. 第15回(技術の会得法を売る)「関口善大靴工房」

  3. 第52回(相性の良いサービスを組み合わせる「ミューズ治療院」)

最新の経営コラム

  1. 第87回 サスティナブル(持続可能性)

  2. 第65回 子供に自社株を譲るときの注意点

  3. 人望を築く「脳の大原則」
    西田文郎氏(株式会社サンリ 会長)

アクセスランキング

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10

新着情報メール

日本経営合理化協会では経営コラムや教材の最新情報をいち早くお届けするメールマガジンを発信しております。ご希望の方は下記よりご登録下さい。

emailメールマガジン登録する

新着情報

  1. 仕事術

    第22回「4Kテレビの活用と将来性」
  2. 人間学・古典

    第5人目 「石田三成」
  3. マネジメント

    万物流転する世を生き抜く(46) 家康のラブレター作戦
  4. サービス

    1軒目 「アンチ・エージング・レストラン」
  5. 後継者

    第34回 家族マターは全員一致
keyboard_arrow_up