menu

経営者のための最新情報

実務家・専門家
”声””文字”のコラムを毎週更新!

文字の大きさ

戦略・戦術

第2回 経営を継続するにはどうしたらよいのか?

継続経営 百話百行

一番勘違いしやすいのが、継続と、長持ちとの違いです。継続とは、長持ちではないと思うのです。長持ちとは、形をそのまま残すことで、継続する経営とは、そのままではないのです。

どういうことかといいますと

先日、25年ぶりに高校の同窓会がありました。25年ぶりに会うと、変わらないままの人や、誰かわからなくなる人まで様々でした。(笑)「変わらないね」って言われる人はどういう共通点があるのか?観察すると、唯一「変わらないために努力をしているのです」では、昔のままかというとそうではないのです。

私が高校生の頃は、バブルの直前、ワンレンボディコンが流行っていたのです。

(ボディコンとは、ニットなど体に密着する素材を使い、体の線(ボディ・ライン)を強調した。ワンレングス(one length cut)は女性のヘアスタイル(髪型)で、ワンレングス・ボブのこと。ストレートの髪でフロントから後ろまでを同じ長さに真直ぐ切り揃えたものである。略してワンレン。日本では主に遊び着として広まり、特に1980年代バブル期以降にブームとなった。)

昔のままが、良いという判断で、ワンレンボディコン、その当時の化粧で、同窓会に来たら、皆から

「どうしたの?大丈夫?」って、言われることまちがいなしです(笑)

そうなのです、「昔のままと同じ」だと、「変わらない」ではなく、「変わり果ててしまう」のです形が変わらなくとも、時代は変わり続けているのです。企業も商品も、この現象と全く同じで、「変わらないねって言われるには、唯一変わり続ける努力をしている」のです。

実際、帝国データバンクのデータの老舗企業調査によると、創業時から主力事業の内容は 56.3%が、変更し、「商品/サービス」に関しては 72.4%も変えているというデータがあるそうです。

つまり、「継続経営」の確率を上げるためには、「変わり続ける」というのが最も良い条件なのです。時代とともに変わるのです。

もちろん、商品を変えていないという長く続いている企業はあります。でも、確率的にどちらが高いのか?という味方をした時に、「変わる」企業が長続きしているのも事実なのです。

継続している企業の事例を見ると、

例えば、1934年創業の富士フイルムは、社名の通り、フィルムからスタートし、今ではそのフィルム事業は、売上の2%にしか過ぎないそうです。

1907年創業の日清紡績株式会社(現日清紡ホールディングス())は、紡績からスタートし、太陽電池などが主流になっているそうです。1865年に創業した世界一の携帯電話メーカーNOKIAも元々は製紙業で創業しています。やはり、変わり続けているのです。

では、どうしたら変わり続けられるのか?

そして、変わらないとどういう危険が及ぶのか?これを次回お伝えしたいと思います。

第1回 継続経営 百話百行にあたり前のページ

第3回 お客様に繰り返しご利用いただく会社創り次のページ

関連記事

  1. 第30回「消費を生み出すのが得意なアメリカ」

  2. 第8回 継続する会社にするための、採用方法

  3. 第23回「成長し続けることができる組織の4つの特徴 ~それは、小学校と同じだった!?」

最新の経営コラム

  1. 第169回 「達人に学ぶ①アパホテル 元谷拓さん」

  2. 第4講 まず、担当者がお客様との正しい関係に合った対応をすること!

  3. 第19回 成長するフィンテック企業の戦略 ~ クラウドファンディング Makuake ~

アクセスランキング

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10

新着情報メール

日本経営合理化協会では経営コラムや教材の最新情報をいち早くお届けするメールマガジンを発信しております。ご希望の方は下記よりご登録下さい。

emailメールマガジン登録する

新着情報

  1. マネジメント

    第九話 現場主義で行け!(クインビーガーデン)
  2. 税務・会計

    第92号 BS「格言」 其の三十七
  3. マネジメント

    逆転の発想(50) 死中に活を求める(島津義弘)
  4. ビジネス見聞録

    渋沢栄一に学ぶリスクマネジメントと経営|講師インタビュー「社長の論語と算盤」渋澤...
  5. マーケティング

    第3回 MIPで下請けを脱する(その2)
keyboard_arrow_up