menu

経営者のための最新情報

実務家・専門家
”声””文字”のコラムを毎週更新!

文字の大きさ

税務・会計

第87回 デジタルインボイスPeppolの準備を始める

賢い社長の「経理財務の見どころ・勘どころ・ツッコミどころ」

「請求書はデジタルインボイスPeppolで送ってください」

得意先から請求データをデジタルで送信するように求められることが、今後増えていくことでしょう。

インボイス制度の導入にともない、デジタル庁により請求データをインボイス形式で送受信する標準仕様「Peppol(ペポルJP PINT)」が決められました。

デジタルインボイスPeppolが、日本国内の請求書の標準的なデータ形式ということになります。

インボイスに必要な情報が網羅されていて、日本のほぼすべての販売管理システムや会計システムが対応する予定です。

このPeppol形式で請求書をデータで送受信するようになれば、経理事務の効率が大幅に改善されることが期待されています。

そこで今回は、デジタルインボイスPeppolの利用について、説明します。

 

デジタルインボイスPeppolについてどの程度知っていますか?

 

デジタルインボイスPeppolは売り手と買い手の双方の対応が必要

インボイス制度導入直後においては、デジタルインボイスPeppolを利用している企業はほとんどありませんでした。

請求書発行業務で使用するシステムやクラウドサービスの中で、デジタルインボイスPeppolに対応しているものが、2023年時点では少なかったからです。

その後、多くの販売システムや会計システムのベンダーが、デジタルインボイスPeppolに対応することを公表し、2024年から本格的にサービス提供が開始されつつあり、普及が見込まれています。

 

ただし、請求書を発行する側と受け取る側の双方のシステムが、デジタルインボイスPeppolに対応していなければ、請求データをお互いに送受信することができません。

大企業では請求書の発行や受領をデジタルインボイスPeppolでシステム処理することにより、業務効率の改善が計画されています。

しかし、取引相手がPeppol対応できていないと使えません。

そこで取引先各社に対して、デジタルインボイスPeppolの利用を依頼することになります。

 

ですので、得意先企業の担当者から、請求書をデジタルインボイスPeppolで送信するように依頼されたときに、問題なく対応できるように準備しておきたいものです。

 

請求書をPDF形式で送受信して満足していませんか?

次のページ

1

2 3 4

第86回 電子取引のデータ保存に関するよくある質問前のページ

第88回 デジタルインボイスPeppolが経理業務を変える次のページ

関連セミナー・商品

  1. 経理のレベルアップオンライン講座

    セミナー

    経理のレベルアップオンライン講座

  2. 月次決算は5日間で出せる!スターターキット

    月次決算は5日間で出せる!スターターキット

関連記事

  1. 第42回【経理人材の他部署活用】組織の計数管理レベルを向上させる方法

  2. 第33回 コロナ前と比べて「過剰債務になりすぎていないか?」を確認する

  3. 第20回 給料が変動したらチェックする3つのこと

最新の経営コラム

  1. 第22回 常に減価償却を増やすことを考えている

  2. 第175回 コミュニケーション上手になる仕事の進め方97 「教える時に上手く相手に届くポイント」

  3. 「慶び/喜び」「心より/謹んで」の違いは?ビジネスで使えるお祝いのフレーズ集

ランキング

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10

新着情報メール

日本経営合理化協会では経営コラムや教材の最新情報をいち早くお届けするメールマガジンを発信しております。ご希望の方は下記よりご登録下さい。

emailメールマガジン登録する

新着情報

  1. マネジメント

    逆転の発想(27) 戦場で負けても政治で勝てる(豊臣秀吉)
  2. 戦略・戦術

    第155話 労働力としての女性のどこが悪い、女性の活躍できる場を提供せよ
  3. マネジメント

    危機への対処術(31) 兵士を心酔させ斬新な戦法で戦う(栗林忠道)
  4. マネジメント

    挑戦の決断(47) 体制革新(平清盛 上)
  5. マネジメント

    ナンバー2の心得(16) 忠僕にも決断の時あり
keyboard_arrow_up