menu

経営者のための最新情報

実務家・専門家
”声””文字”のコラムを毎週更新!

文字の大きさ

マネジメント

第二十八話 楽しくやる 好きになる(ア・ライブシステムズ)

社長の口ぐせ経営哲学

常識はいつか変わる。
「男性パンツの常識を変えたい」という商品コンセプトを掲げて
メンズアンダーウエア業界に新しい風を吹き込んでいるユニーク な企業がある。
名古屋市中区にある有限会社ア・ライブシステムズは、印刷・デザイン、WEB制作を事業内容にする中小の会社である。
25歳の橋本光弘社長が5年前に独自の戦略を持ち、得意先に喜ばれる会社として起業した。


美容院や中小企業のチラシやDMなどの印刷物を激安で制作する提案企業として
名乗りを上げ着実に顧客を増やし徐々に業績を積み上げてきた。
特に、作業工程の効率化と工夫で相場の5分の1のコストダウンを図り、各企業に提案し、支持を受けている。
自社のデザイン力を活かしてWEB制作にも着手し業務を拡大 している。


もともとファッションに興味を持っていた橋本社長は
「銭湯に行って、皆がはいているパンツに疑問が沸いた。無地モノ、幾何学的模様など、どれ一つとっても楽しくないものばかり。
『楽しいパンツ、オシャレなパンツ、本当に欲しいパンツ』を作りたいと考えた」という。


早速、メンズアンダーウエアの業界を調べた結果、レディアンダーウエアの業界に比べ、
未開拓の市場ということが分かってきた。
ビジネスチャンスのヒントが浮かんだという。そこで有名・無名を問わず力のあるクリエイターにグラフィックやイラストを描いて
もらい、ボクサータイプのパンツと融合させ、商品開発を続けている。


名古屋市(中区栄)に、街のパンツ屋、つまり、デザイナーズアンダーウエア専門店「アーニモ(animo)」を1年前にオープン、
現在、月に3000枚 以上を販売している。男性用、中性用も販売しているので、客層の男女比率は7対3である。
20種のデザイン、約60種類のデザイナーズアンダーウエアが揃えている。


橋本光弘社長は「何でも楽しくやることが大事と思っています。
特にデザインに関しては、顧客からの要望を取り入れながら、デザイナー自らが楽しめるような形で積極的に提案しています。
うちの会社は若い人が多いだけに“礼儀”には特に注意しています」という。


「仕事をとことん好きになれ」という、ある大手の経営者は言う。
事業でも「好きになる」ことがいい商品を生み、粘り強く仕事を続けていけるコツという。
他人から言われてやる仕事には自ずと限界があるということだ。この「好き」という言葉は商売を繁盛させるキーワードである。
 

                                                             上妻英夫

第二十七話 良くも悪くも自己責任(シン・ネットワーク)前のページ

第二十九話 現場でけんかをするな(新生食品)次のページ

関連記事

  1. 第四十九話 「日本人の本質、特色を考えろ」(シマシステム)

  2. 第四十一話 知るは力なり(ブリッジアカデミー)

  3. 第三十三話 徹底して考えろ(ダイセイコー)

最新の経営コラム

  1. 永続企業の知恵(5) 経営多角化で窮地を救う(三菱二代目・岩崎弥之助)

  2. 第84回 平山温泉(熊本県) スベスベヌルヌル「美肌の湯」

  3. 第119回 iPhoneの衛星SOSサービス

ランキング

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10

新着情報メール

日本経営合理化協会では経営コラムや教材の最新情報をいち早くお届けするメールマガジンを発信しております。ご希望の方は下記よりご登録下さい。

emailメールマガジン登録する

新着情報

  1. 教養

    第121回『Bowie’s Books デヴィッド・ボウイの人生を変...
  2. 戦略・戦術

    第231号 1兆1,594億円
  3. マネジメント

    逆転の発想(2) 死から生を照射する(スティーブ・ジョブズ)
  4. 人事・労務

    第126話 今後の賃金動向と中小企業の賃金政策を考える(4)
  5. 税務・会計

    第8回 人材難の業界なのに、なぜか採用に困っていない会社
keyboard_arrow_up