menu

経営者のための最新情報

実務家・専門家
”声””文字”のコラムを毎週更新!

文字の大きさ

健康

第8回 経営者の脳をリセットする方法

リーダー脳の鍛え方

「経営者の脳をマンネリ化させない方法は、自分自身の脳を集中してまんべんなく働かせること」です。

しかし、いつもの生活を繰り返さざるを得ない状況では、なかなか、まんべんなく脳を働かせることはままなりません。
 
そこで、28日間で、自分の脳をまんべんなく鍛える「脳の学校ワークブック」(amazonへ)を製作しました。曜日別のプログラムによる新しい脳トレーニングの本です。
 
このワークを28日間是非、経営者の方々の実践してほしいです。経営の発展のために、新しいアイデアや困難な壁を越えるためには、経営者の脳を1度、リセットすることが肝腎です。
 
「脳の学校ワークブック」のエピローグを紹介します。
 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

私は19歳のとき、東京の高尾山で滝に打たれる修行を28日間を目標に開始しました。「継続は力なり」―中学を卒業する日に、担任のU先生が黒板に書いたことを思い出し、滝行を決行したのです。初めての経験ながら、結局35日間同じ場所に通いました。

一つのことを新たに継続し始めると、それまでの生活習慣を変える必要がでてきます。友人とのつきあい、突発的な出来事など、継続が難しいことも起こります。それでも「決めたなら最後までやりぬく」という気持ちと行動で、それまで気がつかなかった自分を発見することができます。この滝行で、わたしの脳にも少し異変が起こったようにも感じました。
 
あれから25年の歳月が経ち、わたしは滝に打たれなくともワークによって脳を鍛える方法を発見しました。そして、2006年6月に脳の学校を設立しました。すなわち、このワークは私の分身です。
 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

真夜中にも滝に打たれて見ました。たまたま、新聞社の記者が来られていて、当時のことが新聞記事にもなりました。

 18、19歳の頃には、滝に打たれることがどのように脳を刺激するのだろうとすでに考え始めていました。そして、この疑問が解けることで、東洋医学と西洋医学の接点を見つけられる核心がありました。
 
私は今、東洋医学と西洋医学の接点が「脳を右肩上がりに一生成長させること」にあると確信しています。
同様に、ある企業が、100年右肩上がりに成長し続ける秘訣の一つは、その経営者が、「脳を右肩上がりに一生成長させること」にあると思います。
 
「脳の強化書」では、新しい脳の見方として「脳番地論」を説明しながら、8種類の脳番地トレーニングを紹介しましたが、「脳の学校ワークブック」では、1日4ページだけです。1日4ページを28日間、 山中で滝に打たれるつもりで行えば、必ず、新しい自分に気がつきます。
経営者に正面から指導できる人がいるでしょうか? 経営者は自分で自分に気が努力を起ならないことが、最大の資質ではないでしょうか。
 
今月の月刊脳番地トレーニングは、「28日間「脳の学校ワークブック」を実践する!」です。
 
経営者が、まず、28日間の継続力を身につけて、会社を右肩上がりに継続的に発展させましょう。
是非、このテーマで、今月を過ごしてみましょう。経営者の脳の健康のために!
 
 
■加藤俊徳氏 著書
《新 刊》「アタマがどんどん元気になる!!もっと脳の強化書2」をはじめ、加藤俊徳氏 書籍一覧/amazonへ

 

■脳の学校 加藤俊徳氏 特別講話CD
《新 刊》医師・脳科学者が教える「リーダー脳の鍛え方」CD 

経営判断、商談や交渉、戦略・戦術の立案、事業アイデアの発想…。重要な局面で能力を最大化する強い脳を手に入れる!医師・脳科学者の加藤俊徳氏が、死ぬまで成長し続ける脳の仕組みと伸ばし方、社員の能力の引き出し方、社長の心身を守るボケない脳のつくり方を伝授。経営と社長人生で力を発揮する「脳」の使い方と鍛え方を解説指導

《講演CD》「脳」は、中高年で一番成長する 講演CD・講演DVD
何歳になっても脳は成長する!胎児から100歳以上の老人まで一万人以上の脳画像分析で解明した最先端の脳の世界。経営にフル活用する「社長脳・勝負脳」の鍛え方、ボケない脳の作り方 

 

第7回 会社の「欲求」を再発見して育てる!前のページ

第9回 なぜ、成功した経営者は苦労人なのか次のページ

JMCAおすすめ商品・サービスopen_in_new

関連セミナー・商品

  1. 脳の成長と健康スイッチをONにする方法

    音声・映像

    脳の成長と健康スイッチをONにする方法

  2. 加藤俊徳の「社長の脳の使い方」

    音声・映像

    加藤俊徳の「社長の脳の使い方」

  3. 「金持ち脳」と「成功脳」のつくり方

    音声・映像

    「金持ち脳」と「成功脳」のつくり方

関連記事

  1. 第20回「”思い”で脳のパフォーマンスを最大化する」

  2. 第31回 悩みの原因は「こころ」ではなく「脳」にある

  3. 第4回バランスを取りながら進む脳番地トレーニング(2)

最新の経営コラム

  1. 第168話 PADDA(パッダ) @名古屋市・栄 ~見事な肉料理

  2. 第67回 だから、中堅中小が攻め入れられる!

  3. 第262回 スキーと経営

ランキング

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10

新着情報メール

日本経営合理化協会では経営コラムや教材の最新情報をいち早くお届けするメールマガジンを発信しております。ご希望の方は下記よりご登録下さい。

emailメールマガジン登録する

新着情報

  1. 税務・会計

    第64号 BS「格言」 其の十五
  2. 社員教育・営業

    第57話 成長課題 管理職の部下育成術(57)
  3. 社長業

    Vol.69 社長の健康は最大の財産
  4. 税務・会計

    第15回 デジタル化で「経理の事務コストを大幅削減」する
  5. 社長業

    Vol.134 やっぱり「展示会」に行ってみよう!
keyboard_arrow_up