menu

経営者のための最新情報

実務家・専門家
”声””文字”のコラムを毎週更新!

文字の大きさ

健康

第11号 胃の痛み…それは焦り?それとも不安?

おのころ心平の ──社長のための「か・ら・だマネジメント」

 胃が、きりきりと痛むか、どーんと重くのしかかるか、しくしく小刻みに痛むのか…、胃の痛みのメッセージにも、いくつかのバリエーションがあります。

 ああ、締め切り間近だー。

 ああ、支払い間近だー。

 ああ、この企画、どう評価されるだろうー?

 そんな時におこる胃の痛みは、私がみるところ、胃の筋肉が「フリーズ」してしまっていることによるものです。

 …フリーズって?

 YAHOO辞書によれば、

 【freeze】

 1 凍ること。凍りつくこと。また、凍らせること。冷凍。凍結。

 2 核凍結。核戦力を拡大せずに現状のまま凍結させようとする平和運動。

 3 人に対して「動くな」と命令するときに用いる語。

 とあります。

 つまり、胃が緊張してしまって、動きが止まっちゃているという状態ですね。

 皆さん、あまり想像しないと思いますが、胃の動きって、かなりダイナミックなんですよ。

 図にした方がわかりやすいので、『Newton』という科学雑誌から、別冊「新・解体新書」に掲載されていた胃の消化の様子を、2つ拝借してご紹介いたします。

ono11-1.gifono11-2.gif かなりダイナミックでしょ。

 胃がカラッポな状態のときから、食べ物が入ってきて腸に送り出すまで、かなり劇的に胃は動いているんですね。まるで雑巾をしぼるように、食べ物は小腸へと押し出されます。

 胃の筋肉をはじめ、臓器の筋肉は「平滑筋」という筋繊維でできています。これらが共同・協調しながら、それぞれの臓器のダイナミックな動きを演出しているわけです。

 さあ、この筋肉が「フリーズ」すると、どうなるでしょう?

 私たち自身、「動くな!」と言われて、しばらくカラダを動かさない状態を続けると、血流も悪くなるし、筋肉にコリが生じますよね。

 この状態=筋肉の動きに緊張を加えている真っ最中は、感覚は麻痺しているので痛みも生じません。

 でもカラダの緊張って、そんなに長くは続かないので、カラダは揺り戻し作戦によって、感覚に訴える症状を出します。正座なんかで、足に痺(しび)れが出てくるようなのが典型例ですね。

 胃の痛みも、そうしたプロセスで生じます。

 胃の痛みがあるということは、その前に、胃が「かちーん」とフリーズしてしまった状態にあったという証拠。それを取り戻すように、「今、緊張したよー」、「かなり恐かったよー」、とサインが出るのが、痛みなどの感覚症状なんですね。

 私たちが食事をする過程では、イライラしたり、怒りっぽい状態で食べた食べ物は、胃を早く通過してしまうそうです(未消化物が残っちゃう)。

 逆に、不安、恐れ、心配事などを抱えながら食べた食べ物は、胃からなかなか先へ進みません。そう、胃がフリーズしてしまって、あのダイナミックな動きが生じてこないのです。

 皆さん、ちょっと想像してみてもらえますか?かちーんと固まったままの胃に、どんどん食べ物が詰め込まれる様子を。

 柔軟性のない袋に、あれこれモノを詰め込むとどうなりますか?ぎゅっぎゅっと、ムリヤリ押し広げられた袋は、何だかもろくなりやすいですよね。

 それに、かたまった胃の内部には、胃酸も、粘膜を保護する粘液も出にくいですから、ギザギザの食べ物が、胃壁を傷つけることにもなります。

 不安、恐れ、心配という緊張状態のまま食事をするということは、そうしたリスクを背負うということを、ぜひ覚えておいてくださいね。

 緊張状態では、痛みは生じない。でも、それが過ぎ去ったあと、胃はメッセージを送ります。

 「恐かったねー」

 「緊張したねー」

 「どうなるかと思ったよー」

 「いやいや、ちょっと傷ついたじゃないかー」

 胃がキリキリ痛むときは、そうした緊張が短期的にカラダに起こったことの証拠。胃がどーんと重いのは、そうした食習慣が続いて「胃拡張」になりやすくなっている証拠。胃がしくしく痛むのは、傷ついた胃壁の状態がある証拠です。

 いずれも、もとはと言えば、柔軟な胃の働きを止めてしまうような、「不安」、「恐れ」、「心配」が原因なのです。

 もちろん、心配や不安ごとなどは、人間にとってつきものです。でも、せっかく「胃の痛み」というサインが出たときには、そのサインをしっかり捉えて、食事の仕方に注意を向けてみることが大切です。

 今回、図で紹介したような、ダイナミックな胃の動きこそが、健康な胃の状態なんだよ、ってイメージしてもらえると、

 ・姿勢を正して、胃が楽に動けるようにする食事

 ・なるべく楽しく、心理的にリラックスしながら食べる食事

 が、いかに大切かを知ってもらえると思います。

 人間、いつもいつもポジティブにはいられませんから、私は、サインが出てからでいいと思っています。でも、そのサインができるだけ小さいうちに、カラダからのメッセージを受け取り、日常生活に工夫を加えてみること。

 カラダからのメッセージを活用するって、そのような日々の積み重ねなんだと、私は思うんです。

 

第10号 「大切なことはカラダに聴いてみよう!」前のページ

第12号 ココロとカラダの関係を知るための読書次のページ

関連記事

  1. 第48号 ボディサイコロジー ~カラダ心理学(2)

  2. 第20号 3大疾患~予防のココロ(2)がん

  3. 第49号 ボディサイコロジー ~カラダ心理学(3 )

最新の経営コラム

  1. 第169回 「達人に学ぶ①アパホテル 元谷拓さん」

  2. 第4講 まず、担当者がお客様との正しい関係に合った対応をすること!

  3. 第19回 成長するフィンテック企業の戦略 ~ クラウドファンディング Makuake ~

アクセスランキング

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10

新着情報メール

日本経営合理化協会では経営コラムや教材の最新情報をいち早くお届けするメールマガジンを発信しております。ご希望の方は下記よりご登録下さい。

emailメールマガジン登録する

新着情報

  1. 社長業

    Vol.154 後継への心構えと準備は大丈夫か!
  2. 戦略・戦術

    第十二話_ストーリーチラシで選ばれる存在になる
  3. 経済・株式・資産

    第44話 岐路に立つ中国経済と李克強首相の「死守ライン」
  4. マネジメント

    第4回 潜入!福島第一原発~発災2年目の被災地訪問記
  5. 戦略・戦術

    第156号 ネット通販の強みとは
keyboard_arrow_up