menu

経営者のための最新情報

実務家・専門家
”声””文字”のコラムを毎週更新!

文字の大きさ

ブランド

<事例―23 ロイズコンフェクトの生チョコレート(B2C)>日本に加え、海外での評価を獲得するグローバルブランド・・・それがロイズコンフェクトの生チョコレートだ

酒井光雄 成功事例に学ぶ繁栄企業のブランド戦略

23.jpg

●北海道限定販売で付加価値を高めたロイズの生チョコレート
 
 北海道を代表するお土産として人気を博し、新千歳空港や地元のデパートを中心に北海道エリア限定で販売されているのが、「生チョコレート」に代表されるロイズの商品群だ。
 
 北海道以外の人が購入しようとしたら、地元で開催される北海道物産展を訪れるか、同社の通信販売を利用しないと入手できない。これは商品の付加価値を維持するために、同社がかねてより堅持している販売方法だ。
 
 同社の看板商品である「生チョコレート」は当初冬季限定商品だったが、1995年に通年販売を開始。新千歳空港の売場に冷蔵ショーケースを持ち込んで販売する取組みは、当時はどこも採用していない画期的な販売方法だった。
 
 水分の含有量が多く、独特の口あたりと食感の良い「生チョコレート」は人気を集め、北海道を代表するお土産として、その地位を確立する。
 
 
●海外に進出しグローバルブランド化を実現
 
 日本国内では北海道エリア限定で販売する一方、海外進出は早くから着手した。2001年に高島屋がシンガポールに進出する際に請われて出店して以来、地元企業と提携し、シンガポール・中国(香港・上海)・マレーシア・タイ・インドネシア・台湾・韓国・インド・アメリカ・ロシア・ブルネイ・UAEに71店舗を展開している。
 
 北海道を訪れた海外からの観光客にロイズのブランドが知られていったことも、海外での評価につながっている。同社では海外に出掛ける(外国人なら帰国する)際に出国審査後に同社の商品が購入できるよう、
 
 羽田・成田・新千歳・仙台・新潟・茨城・富士山静岡・富山・小松・中部国際・関西国際・岡山・広島・高松・福岡・佐賀・宮崎・鹿児島の各空港の国際線ターミナルの免税エリアでも販売店を展開している。
 
 また博多港の免税店でも販売している。この取組みを見ても、同社が外国人のお土産需要を重視していることがわかる。
 
 海外で販売されている商品はすべて日本から輸出されており、輸送にはリーファーコンテナ(ワインなどでも使用される温度管理できるコンテナ)に入れて船便で送り、倉庫は冷凍冷蔵庫を使用している。
 
 ほぼすべての人がムスリム(イスラム教徒)であるUAEや、人口の64%ほどがムスリムのブルネイでは、飲酒は原則として禁止(ハラーム)されているので、これらの国ではアルコールを使用しないレシピで「生チョコレート」がつくられている。
 
 2013年に進出したニューヨークでもロイズの「生チョコレート」は好評で、安価な物から高級品まで選択肢が幅広く存在するアメリカで、ファンを生み出しているのは「生チョコレート」の商品力にある。「生チョコレート」と呼べる商品は、ロイズしか存在していないからだ。
 
 
<ロイズの事例に学ぶこと>
 
 売上げを増やすためには、販売エリアを拡大し、店舗数を増やそうとする経営者は多い。だがこの方法では希少性が失われ、商品と企業の付加価値も向上しない。
 その点ロイズは北海道のお土産であり名品である価値を守り、リアルの売場は北海道に限定する一方、通信販売ではどこからでも購入できる体制を取る。また海外には積極的に進出し、グローバルブランド戦略を展開している。
 これから日本の中小企業がグローバルブランドの戦略を立案する際には、参考にすべき好事例だ。
 
 
 
 
 
《 酒井氏渾身の最新刊!》
●全史×成功事例で読む 『 マーケティング」大全』
 
《 酒井氏 好評既刊》

●価格の決定権をもつ経営

●ストーリービジョンが経営を変える

●中小企業が強いブランド力を持つ経営

<事例―22 SUSギャラリーの真空チタンカップ(B2C)> 世界の要人向けの贈答品として選ばれた日本が誇るハンドメイド製品・・・それがSUSギャラリーの真空チタンカップだ前のページ

<事例―24 ソムリエナイフのシャトー・ラギオール(B2CとB2Bの両需要)>ソムリエ用として考え出され、プロが愛用する逸品・・・それがソムリエナイフのシャトー・ラギオールだ次のページ

関連記事

  1. <事例―15 米国高級ホテル フェアモント・コプリー・プラザ・ホテル(B2C)>盲導犬になれなかった犬をホテルの接客犬にしてブランド力を高めたホテル・・・それがフェアモント・コプリー・プラザ・ホテルだ

  2. <事例―3 ソメスサドル(B2BとB2C)>武豊が騎乗した有馬記念のディープインパクト用の鞍(くら)に採用され、洞爺湖サミットの際に参加した首脳と夫人に日本のお土産として同社のバッグが贈られた企業・・・それがソメスサドル

  3. <事例―35 日プラ(B2B)>水族館用大型アクリルパネルで世界シェア70%を誇り、納入実績は世界60ヶ国に及ぶ世界的中小企業…それが「日プラ」だ

最新の経営コラム

  1. 第121回 騒音を低減して、仕事も学習も効率アップ!

  2. 第20回 新事業は社長の情熱が成功を決める

  3. 第183話 ボタンを掛け違えたM&A

アクセスランキング

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10

新着情報メール

日本経営合理化協会では経営コラムや教材の最新情報をいち早くお届けするメールマガジンを発信しております。ご希望の方は下記よりご登録下さい。

emailメールマガジン登録する

新着情報

  1. 社員教育・営業

    第87講 担当者が疲弊しないクレーム対応のためには(1)
  2. 経済・株式・資産

    第1回 企業経営と個人資産に影響する4つの環境変化
  3. 健康

    第28回「経営者・リーダーを育てる」
  4. 税務・会計

    第61号 BS「格言」 其の十二
  5. 仕事術

    第99回 中国出張はAliPayでより快適に!
keyboard_arrow_up