menu

経営者のための最新情報

実務家・専門家
”声””文字”のコラムを毎週更新!

文字の大きさ

経済・株式・資産

第7話 破たんの原因

あなたの会社と資産を守る一手

毎月赤字の企業で、そのビジネスモデルを変えられない場合、あと何ヵ月後に倒産するというのはわかるはず。ところが、おおかたの賢明な経営者ば、会社の破たんの時期も原因も予想がつかないのが普通。
 
ところで、破たんの原因の多くは資産にあるということを知っていましたか?
 
たとえば、大口の工事受注が来て、外注先行払い資金は手持ち預金と銀行融資で資金調達。工事も順調にいってたが、追加工事の金額・納期でトラブルが発生。大金が未回収のままとなり、結局資金ショートが発生し倒産するとか、
 
会社がもっている資産の価値が大幅に減少し、債務超過となり、内諾をもらっていた新規融資が大幅に減額させられ、資金不足で倒産とか。
 
資産になんらかの問題が発生し、債務超過となり資金が不足し支払い不能→破たん というのがお決まりのコースとなる。
 
では、どうしたらいいのか?
 
当たり前のことだけれど取引先を多くもち、売掛金もなるべく大口集中させないことが必要になる。さらにいえば資産でも現金・預金というバランスシートで左上のほうに書かれる資産勘定をなるべく多くもつよう、ビジネスモデル→財務内容の変更をすることも必要になる。
 
負債のことも考えながら、バランスシート(下記図)で言えば資産勘定(借方)の上の方にできるだけ厚みがあるような財務内容にすることが会社を破たんさせない術と思えるのだが・・・。
 
itte07_01.gif

 

第6話 債務者のルール前のページ

第8話 推定デフォルト率と資産勘定次のページ

JMCAおすすめ商品・サービスopen_in_new

関連セミナー・商品

  1. 社長と会社の資産を守る法CD

    音声・映像

    社長と会社の資産を守る法CD

関連記事

  1. 第20話 昔からある業種では、視点を変えなければ利益も増えない

  2. 第4話 債務者のルール

  3. 第113話 税金を滞納するとどうなるのか?(3)

最新の経営コラム

  1. 「過去の歴史上の失敗から経営者は何を学ぶべきか」/『「超」入門 失敗の本質』著者 鈴木博毅氏

  2. 第168話 PADDA(パッダ) @名古屋市・栄 ~見事な肉料理

  3. 第67回 だから、中堅中小が攻め入れられる!

ランキング

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10

新着情報メール

日本経営合理化協会では経営コラムや教材の最新情報をいち早くお届けするメールマガジンを発信しております。ご希望の方は下記よりご登録下さい。

emailメールマガジン登録する

新着情報

  1. 仕事術

    第137回  広角レンズ替わり?スマホカメラ裏技
  2. 税務・会計

    第14号 バランスシートの大きさ
  3. 社長業

    Vol.6 儲かるFC探しは、もっと疑ってかかれ!
  4. 健康

    第53号 「付き合う仲間」
  5. 社長業

    Vol.143 経営数字の主要指標が意味するもの
keyboard_arrow_up