menu

経営者のための最新情報

実務家・専門家
”声””文字”のコラムを毎週更新!

文字の大きさ

社長業

Vol.50 「信頼できる人」「信頼してはいけない人」

作間信司の経営無形庵(けいえいむぎょうあん)

 社長は皆、独自の「人を見る目」を持っている。
 
 特に、大きな仕事、新しい仕事をする時の相手は、絶対に信頼できる人とでないと上手くいかない。
 
 昨年末に熊本の佐渡さんに借りた、伊藤肇先生の生前の収録テープに、リコーの創業者、市村清社長の話があった。
 
 「小さな約束」「口約束」を守れない奴は、絶対信用するな、と。
 
 たまたまその日は、田中道信先生(市村氏の懐刀)とゴルフだったので、その真意を伺ったところ、特に「酒席での軽い約束を忘れた時」はメチャクチャ怒られたそうだ。
 
 「大きな約束、紙に書いた約束を破る時は、正々堂々とテーブルについて破るので、信用はキズつかないが、口約束はそうはいかない。」と、言うのが、市村社長の考えだったそうで、「信用の置けない奴は、重用しない」という方針だったとの事。
 
 もう一例は、以前、講義いただいた児島先生(元住友大阪セメント常務)には、「でもめし」「でもゴルフ」を言う人間は信用してはダメだと。
 
 今度「ゴルフでも」、次には「夕食でも」と言う人は多いが、ゴルフの声がかかったことはまずない。
 
 仕事のできる人は、すぐ手帳をだして「いつなら可能」とアポを入れる人ばかり・・・。実際によく見てみるとその通りである。
 
 小さなことだけに、人間の本質が出てしまう。

 

Vol.49 社長の机に「必ず1枚のメモ」を!前のページ

Vol.51 社長が冷静に見るべき「利益の質と量」次のページ

関連記事

  1. Vol.133 「仕入先の追加、見直し、再交渉」でチャンス拡大

  2. Vol.61 中国戦略をもう一回じっくり練り直す

  3. Vol.24 誤りのない情勢判断の原則

最新の経営コラム

  1. 《特別対談》「すしざんまい」喜代村 社長  木村清×日本経営合理化協会 牟田學

  2. 「会社の健康を守り生産性を上げる法」/精神科医・作家 樺沢紫苑氏

  3. 第69回 奥津温泉(岡山県) 殿様が独り占めした足元湧出泉

アクセスランキング

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10

新着情報メール

日本経営合理化協会では経営コラムや教材の最新情報をいち早くお届けするメールマガジンを発信しております。ご希望の方は下記よりご登録下さい。

emailメールマガジン登録する

新着情報

  1. 経済・株式・資産

    第57話 中国側による商船三井の船差し押さえ事件に関するQ&A
  2. 社長業

    Vol.93 成功体験と思い込みの罠
  3. マネジメント

    第八十七話 「自信貯金は増えているか」(株式会社FCエデュケーション)
  4. キーワード

    第39回 鉄道と大自然の町の《地域元気化》が出発進行! ~PFIによる全国初の...
  5. マネジメント

    第77回 『フルコンディション』
keyboard_arrow_up