menu

経営者のための最新情報

実務家・専門家
”声””文字”のコラムを毎週更新!

文字の大きさ

社長業

Vol.149 事業欲旺盛な社長は「慎重な経営を心掛ける」

作間信司の経営無形庵(けいえいむぎょうあん)

 先月のメルマガ(148話)の中で、少し話した新業態「ジョイリハ」を8月の末に2店舗、見学させていただき、黒川社長(株式会社パワーリハ 本社葛飾区)にFCについて伺ってきた。
 
 要介護の方々が、週に1回~2回、機能維持、また人によっては機能回復のために約3時間くらいリハビリを行う施設である。
 
 もともと病院関係者が運営していたものを3年前に引き受け、現在11店舗(FC店を含む)を首都圏を中心に展開中で、地方の県庁所在地にあるFC店では、事業の好調をうけ、地元で2号店の出店を決めたところであった。
 
 これから全国100店にむけて多店展開を目指している。FCについて、初期費用やロイヤリティー、集客方法、出店立地の条件や介護関係の専門スタッフの有無の必要性など詳しく説明していただき、新規参入の心構えや、実際の仕事については現場の若いスタッフの方にいろいろ教えていただいた。
 
 写真の撮影がプライバシーの問題も含め不可だったので、ここでご案内できないのが残念であるが、ご興味のある方は是非ホームページを検索してみてほしい。
 
  http://www.okamoto-group.co.jp/joyreha/01about.html
 
 ここで皆さんにお伝えしたいことは、ジョイリハの将来性もさることながら、3年間かけてFCパッケージを慎重に作り上げたことである。特に、施設内の静脈認証システムは、事務経費の軽減や不正請求の防止など、必須実務を実現させた優れモノである。  たった一社の小さな不正であってもグループ全社への打撃は計り知れない。また、人口密度の高い、都市圏で成り立つ事業であっても、地方都市で事業化できなければ、その拡大可能性は格段に低くなってしまうし評判を落としてしまう。地方都市での事業化ノウハウの蓄積で、多くの時間を使い都市圏とは一味違ったシステムを構築しているようである。
 
 この当たり前といえば当たり前の「慎重さ」が事業経営にとっては非常に大切になってくる。一見大胆に見える事業展開、全国展開、大規模投資の裏には、常にリスクを一つ一つ潰し、失敗の可能性を最少にして、大切な資金を投入する社長の姿勢である。
 
 危なっかしい話の多くは、「利」を焦るばかり、大きな話し、有利な話し、自社にとって都合のいい話しばかりが多く、地に足が付いていない感じを受ける。
 
 新事業は、そうであってもなかなか成功しないものである。自社開発であっても、FCなど提携する新事業であっても「慎重の上にも慎重」を旨として経営を推進していただきたい。
 
 一般のお客様も、お取引先様も、我々の都合で、大切なお金を払ってくれることはない。

 

Vol.148 我社の次の業績牽引車をつねに準備する前のページ

Vol.150 ブームを作る、ブームを業績に結び付ける次のページ

関連記事

  1. Vol.3 リサイクル新事業で注目の一貫システム

  2. Vol.155 新年度の販売目標、売上利益計画を立てる時の落とし穴

  3. Vol.70 業界内の1匹狼をマークせよ

最新の経営コラム

  1. 第87回 サスティナブル(持続可能性)

  2. 第65回 子供に自社株を譲るときの注意点

  3. 人望を築く「脳の大原則」
    西田文郎氏(株式会社サンリ 会長)

アクセスランキング

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10

新着情報メール

日本経営合理化協会では経営コラムや教材の最新情報をいち早くお届けするメールマガジンを発信しております。ご希望の方は下記よりご登録下さい。

emailメールマガジン登録する

新着情報

  1. 人間学・古典

    第4話 「初心忘るべからず」
  2. 経済・株式・資産

    第1話 社長が知らねばならない資産防衛
  3. マネジメント

    危機を乗り越える知恵(13) 天武の「謀反の兵法」
  4. 戦略・戦術

    第2話  「人手不足?人手を省け!」
  5. 税務・会計

    第35号 「この新幹線は安全です」のアナウンスは流れない
keyboard_arrow_up