menu

経営者のための最新情報

実務家・専門家
”声””文字”のコラムを毎週更新!

文字の大きさ

社長業

Vol.88 「会社の信用、信頼性の大切なモノサシの一つ」

作間信司の経営無形庵(けいえいむぎょうあん)

 すばらしい会社、業績の良い会社の共通点の一つに、「社内連絡の早さ」がある。
 
 仕事柄、多くの経営者の方々と電話やFAXやメールで連絡するが、互いに出張も多く、すぐに連絡がとれない場合が多い。その時、スピードの速い応対の会社は、総じて業績が良い。
 
 先週も依頼事項があって、業界最大手の2社の社長と会長にアポイントをお願いしたところ、秘書の方とご本人より、翌日には回答があり日程調整のうえ、アポをいただいた。
 「あんな忙しい経営者が・・・」と驚くばかりのスピードである。
 
 うち一社は、一面識もなく、私からの突然の手紙に対してである。
 
 有能な秘書の存在は欠かせないかも知れないが、やはり経営者の姿勢の問題である。このスピード感と確実性が、結局、会社の信用を生み、業績に結びつく。
 
 逆に、社長に電話すると、不在はしかたないが、戻り時間を聞いても出社日を聞いても「知らない」「判らない」と云う会社も、残念ながらある。ましてや、「ご用件をうけたまわりましょうか?」とは、なかなかならない。
 
 このわずかの差が3年、5年、10年で、大幅な業績格差となってハッキリあらわれる。
 「社長の行方不明」は、信用を著しく傷つける因となる。
 
 秘書の有無以前の問題である。

 

Vol.86 社長の得意技は両刃の剣前のページ

Vol.89 「社長が社員に与える「最高の報酬」とは」次のページ

関連記事

  1. Vol.86 社長の得意技は両刃の剣

  2. Vol.166 新しい商品群を創りだすと高く売れる

  3. Vol.50 「信頼できる人」「信頼してはいけない人」

最新の経営コラム

  1. 第19話 男女の賃金格差の開示義務化と女性の活躍推進の必要性

  2. 第60回 使い方を決めるのは消費者

  3. 第37回「日本が唯一『女形』」

アクセスランキング

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10

新着情報メール

日本経営合理化協会では経営コラムや教材の最新情報をいち早くお届けするメールマガジンを発信しております。ご希望の方は下記よりご登録下さい。

emailメールマガジン登録する

新着情報

  1. 不動産

    第39回 工場跡地は土壌汚染を調査してから購入する事。
  2. 戦略・戦術

    第202号 白川流「アウトソーシング先発掘方法」とは
  3. マネジメント

    挑戦の決断(22) 有事の必勝法は「機先を制する」(承久の乱と鎌倉幕府)
  4. キーワード

    第59回(「勉強カフェ・ブックマークス」)
  5. マネジメント

    交渉力を備えよ(12) ロシアの術中にはまる小村寿太郎
keyboard_arrow_up