menu

経営者のための最新情報

実務家・専門家
”声””文字”のコラムを毎週更新!

文字の大きさ

戦略・戦術

第263号 25兆9,200億円

社長のための“儲かる通販”戦略視点

 この数字は、2018年の世界のデジタル広告費予測である(電通イージス・ネットワーク調査)。2018年の世界の広告市場は、6,000億ドル(約67兆5,100億円)となる見通しで、デジタル広告(インターネッ広告)市場の拡大と、「2018年平昌冬季オリンピック・パラリンピック競技大会」「2018 FIFAワールドカップ・ロシア大会」「米国の中間選挙」など大型イベントによる貢献が数字を押し上げている。

 デジタル広告費のシェアは38.4%と、テレビ広告費(35.5% )を初めて上回り、さらに2019年には40%超となる見通しだ。媒体別の成長率も、デジタル広告が12.6%増と最も大きく、今後も二桁成長が続くと予測されている。マス広告では、テレビが1.2%増と、堅調に推移している一方で、 新聞、雑誌が落ち込んでいる。

 デジタル広告の中でも、モバイルデバイス向けは、スマホの普及や通信環境の整備などにより、2017年にデスクトップPC向けを追い抜き、デジタル広告費内のシェアは50.3%と伸張。さらに2018年には52.2%に達する見込みである。そのけん引役となるのは、オンライン動画広告とソーシャルメディア広告で、2018年の成長率はそれぞれ24.6%(前回予測は24.5%)、21.6%(同23.5%)と推計されている。

 この調査を行っている電通イージス・ネットワークでは、世界59カ国・地域から収集したデータに基づき、「世界の広告費成長率予測」として定期的 に発表している。調査対象の59カ国・地域をみると、先進国に限定してもデジタルとテレビの市場規模は様々だが、デジタル広告の比率が年々高まっているのは、世界的に共通した傾向と言える。

 ただ、世界規模で市場を眺めると、デジタル広告市場の伸び率の大半は、BATと称されるバイドゥ、アリババ、テンセントの中国勢と、米国のGoogle、Facebookを合わせた5社のプラットフォームの売上に集中しており、寡占状態が強まっている。

 今後は、Eコマース・サイトのAmazon、楽天などがこの市場にどのように食い込むか、その動向が注目されている。

第262号 「宣伝講習販売」と「通販」前のページ

第264号「カタログ通販」+「実店舗販売」次のページ

関連記事

  1. 第214号 日本の「いい買い物の日」は定着するか

  2. 第270号 規制緩和により、中国越境ECは本格化時代へ

  3. 第275号 「文字」から「動画」の時代へ

最新の経営コラム

  1. 第2回 事業に関係のない投資や資産がなく、身ぎれいな決算書になっている会社

  2. 令和女子と消費の変化 「Fashion」「Hobby」「Relationships」/3分でつかむ!令和女子の消費とトレンド第5回

  3. 第65回 だれでもできる!成果につながる暑中見舞いの書き方

アクセスランキング

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10

新着情報メール

日本経営合理化協会では経営コラムや教材の最新情報をいち早くお届けするメールマガジンを発信しております。ご希望の方は下記よりご登録下さい。

emailメールマガジン登録する

新着情報

  1. 経済・株式・資産

    第17回  株式投資失敗の活かし方
  2. 仕事術

    第36回 4Kそして8Kがやって来る
  3. マネジメント

    失敗に原因あり(14) 意思と能力を見誤る
  4. マネジメント

    第5回 オリジナルを目指す
  5. 税務・会計

    第39回 給与明細の準備・配布には、何の付加価値もありません
keyboard_arrow_up