menu

経営者のための最新情報

実務家・専門家
”声””文字”のコラムを毎週更新!

文字の大きさ

後継者

第52回 能力―開発できるのか、生来のものなのか

欧米資産家に学ぶ二世教育

音楽の習熟度に関しては「生まれつきの才能」が大きくものをいうと多くの人が思いこんでいるに違いない。しかし、音楽を学ぶ275人の若者を対象にしたイギリスでの調査によれば、「生徒が音楽的にどれだけ熟達できるかどうか予想できる唯一の要因はどれほど多く練習するかであった」だそうだ。この調査を紹介しているコルヴァン氏はモーツァルト、イチロー、タイガー・ウッズ、いずれも幼少期からの「父親による徹底したトレーニングの成果が主要因である」とその著書「究極の鍛錬」で述べている。

非常に興味深い逸話がある。ハンガリーの教育学者ポルガーは「偉大な能力を持つ人は生まれながらにそうなったのではなく、つくられるものだ」という自説を証明するためにお嫁さんを公募した。生まれた3人の娘にチェスを教えている。1960年代当時チェスは男性の競技であったが、早期よりの厳しいトレーニングを受けたポルガーの娘たちはいずれも、優秀なチェスプレーヤーとなったという(長女と三女はグランドマスターに、二女は才能にあふれていたが一番訓練に熱心でなく、結果女性世界6位に終わった。)

音楽家やチェスの競技者と比べて経営者に先天的な要素が要求されるようには思えないが、それでも「素質的には次男が・・」といった類の発言を耳にする。果たして幼少時より決断力、リーダーシップ力、胆力などを鍛えることはできるのであろうか?発表力、デイベート力、交渉力などは訓練可能に思える。そうした訓練やまた実地での体験も積まさせもせず、「修羅場をくぐってないし、経験がないから」とバトンタッチを躊躇う人がいる自分の身の保全以外の何か特別な理由でもあるのだろうか。

茶道、華道、歌舞伎、能などの日本の伝統文化において、なぜかくも長期にわたり継承がされてきたか。必ずしも全員が才能に恵まれていたとは思えない。やはり幼少時よりの厳しい訓練のたまものではないだろうか?

二世に対する批判が強い昨今である。しかし、幼少時からの訓練という意味では、本当にキチンと為されていればだが、二世に分があるのである。

投資の鉄人ウォーレン・バフェットの父親は証券会社勤務、彼自身11歳から株式投資を始めている。先日テレビでみた動画コンテストでは、おむつをした赤ちゃんがピンポン台の上に座り上手に球を打ち返していた。両親ともピンポンの選手との事だった。経営者、特にファミリービジネスを持つ人はもっと幼少時からの訓練を施してみてはどうだろうか。

 榊原節子 

第51回 日本人が苦手な交渉術前のページ

第53回 日本の長寿企業―世界遺産登録?次のページ

関連記事

  1. 第17回 見かけを磨け

  2. 第68回 同族経営における兄弟問題の解決法

  3. 第56回 「騙し」にあわない、あわせない

最新の経営コラム

  1. 第7回 新規の売り物・売り先が10%以上占めており、売上総利益を落とさない会社

  2. 第24話 政府が推進する「人的資本経営」と中小企業の人事戦略

  3. 第253回 社長の一問一答「男性社員の育児休暇取得について」

ランキング

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10

新着情報メール

日本経営合理化協会では経営コラムや教材の最新情報をいち早くお届けするメールマガジンを発信しております。ご希望の方は下記よりご登録下さい。

emailメールマガジン登録する

新着情報

  1. マネジメント

    第56回 『異見も意見』
  2. 健康

    第32号 カラダは分けても分からない
  3. 後継者

    第13回 親側の教育 明るくリスク管理
  4. 経済・株式・資産

    第107回「クラウド時代には地味な企業がサブスクで高成長企業に変貌する可能性を秘...
  5. サービス

    62軒目 多店舗化しても評判のホルモン屋の秘密
keyboard_arrow_up