menu

経営者のための最新情報

実務家・専門家
”声””文字”のコラムを毎週更新!

文字の大きさ

キーワード

第67号 ブルネイ

高島健一の「社長のメシの種」

taka67-1.jpgtaka67-2.jpg 日本経営合理化協会の視察ツアーでブルネイに行って来た。ブルネイの正式名称は「ネガラ・ブルネイ・ダルサラーム」といい、「平和な土地ブルネイ国」という意味で、一度も植民地になったことがなく、一度も内乱が起きたことがない平和な国だ。


 

 

 この国の経済を支えているのは、1967年から採掘が始まった石油(16.6万バレル/日)と天然ガス(126億立方メートル/年)で、これがGDP(2011年211億USドル)の72%、輸出額(原油:48.0%,天然ガス:44.7%)のほとんどを占めている。


taka67-3.jpg 1929年4月5日に、サイクリングをしていたロイヤル・ダッチ・シェルの社員がセリア川近くで休憩していた時に、川が石油が混じっているような色をしていたので辿って行き、南シナ海の海岸周辺を採掘したところ、陸から38mの地点から石油が出たそうだ。


 

 

taka67-4.jpg 現在モニュメントが立っているその場所に行ったが、近くの海岸に打ち上げられている流木は黒く、海の色も心なしか黒っぽく見えた。周辺(セリア地区)一帯には、多くの石油や天然ガスの大型採掘施設が立ち並び、「ノッキング(首振り)ドンキー」と呼ばれる小型の石油汲み上げ装置も772ヶ所で動いていた。


 

 

taka67-5.jpg 石油、天然ガスなどはロイヤル・ダッチ・シェルと三菱商事が共同で開発しているので、輸出先は45.7%が日本で、以下韓国16.8%、ASEAN諸国14.7%、オーストラリア10.5%と続いており、両国関係は良好だ。


 

 

■エンパイヤ・ホテル
taka67-6.jpg 我々は国王がオーナーの、以前は迎賓館だった7つ星といわれる「THE EMPIRE HOTEL(エンパイヤ・ホテル)」に泊まり、ゼネラルマネジャーのACESON氏にお話を伺うと共に、スイートルームを始め施設の見学もさせてもらったが、クリントン大統領夫妻(当時)や中東の王族などが宿泊した屋内プールや専用エレベーターの付いた最上級のスイートルーム(660m2、一泊100万円)にお泊りになった方の好意で、その部屋でまとめのセミナーをやることができ、素晴らしい経験をさせていただいた。


taka67-7.jpg このホテルは客室が580室で、その他にジャック・ニクラス設計の18ホールのゴルフ場、450席あるシアターレストラン、3つの映画館、ラグーンプール、室内プールなど8つのプール、ボーリング場、テニスコート、スカッシュコート、ジム、スパ、サウナなどの施設があるが、メインロビーや室内は豪華絢爛で、王族になった気分を味わえた。


 

 

taka67-8.jpg ホテルの経営面から見ると、営業開始から赤字が続いていたが、2008年秋のリーマン・ショック後に欧米人客が減少したことをきっかけに、欧米志向から発展しているアジア、ASEAN地区にターゲットを変更、退職者を補充しないという方策で1,200人いた従業員を870人に圧縮、仕入れ価格も値下げ交渉し、昨年はじめて9%の利益を出している。


 

 石油などの収入があるため、税金、医療費、教育費が無料で提供され、80%が公務員というブルネイ人は南国気質も手伝い、「困ったら王様が何とかしてくれる」という意識があるため、意識改革は容易ではなかったようだ。
 エンパイヤ・ホテルは日本の余裕のある企業も参考になる事例だと思われる。

======== DATA =========

●The Empire Hotel and Country Club
http://www.theempirehotel.com/
所在地:Jerudong BG3122,Negara Brunei Darussalam,
Tel: +673 241 8888
Fax: +673 241 8999
宿泊料金:18,000円~(サービス料込)

 

第66号 メゾン・ド・リーファー前のページ

第68号 東京スカイツリー展望台次のページ

関連セミナー・商品

  1. 新しい儲け方のヒント

    新しい儲け方のヒント

  2. 黄金の6年は、日本のビジネスチャンス 音声版(CD・デジタル版対応)

    音声・映像

    黄金の6年は、日本のビジネスチャンス 音声版(CD・デジタル版対応)

関連記事

  1. 第141回 キラリトギンザ

  2. 第91回 ロボバリスタ

  3. 第153回 原宿のゴールデンウィーク

最新の経営コラム

  1. 第四十九話 ランチェスター法則で欲しい人材を確保する方法 その1 スタッフづくりはお客様づくり

  2. 第156話 中国の景気悪化と政策的な「合成の誤謬」

  3. 第231回「社長の心が病む時」とその対処法

アクセスランキング

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10

新着情報メール

日本経営合理化協会では経営コラムや教材の最新情報をいち早くお届けするメールマガジンを発信しております。ご希望の方は下記よりご登録下さい。

emailメールマガジン登録する

新着情報

  1. 健康

    第18号 「何が欲しい VS しなければならない」
  2. 教養

    第86回『熊谷正敏 稼業 頭角の哲学』(著:向谷匡史)
  3. 社員教育・営業

    第77回「聞き手の心に届く話し方」
  4. 人事・労務

    第31話 法定労働時間と所定労働時間を考える
  5. 製造業

    第314号 要るものしかない職場をキレイな職場という
keyboard_arrow_up