menu

経営者のための最新情報

実務家・専門家
”声””文字”のコラムを毎週更新!

文字の大きさ

戦略・戦術

第260号 1億人

社長のための“儲かる通販”戦略視点

 この数字は、世界16カ国で展開される「Amazonプライム」の会員数である。今年4月、米アマゾン・ドットコムのジェフ・ベゾスCEOが毎年恒例の株主向け書簡の中で公表したもので、2005年にスタートしたこの有料サービスの顧客数を公にしたのは初めてだ。

 アマゾンのネット通販における総顧客数は世界で3億人超とされており、およそ3分の1がこのプライム会員ということになる。ちなみに、日本市場におけるプライム会員数は公表されていないが、600万人程度と推測されている。

 この特典内容は、国や地域によって異なるが、日本では、当日配送サービス やプライムビデオ(映画・ドラマ)、プライムミュージック、プライムリーディング(登録された電子書籍)などが追加料金なしで利用できる。日本のAmazonプライムの料金は年間3,900円(税込)で、月額プランだと400円(税込)である。一方、本家の米国は99ドル(1万600円)と日本の2.75倍で、今のところ日本では破格の料金設定となっている。

 このようにアマゾンは世界を席巻しているが、創業者であるジェフ・ベゾス氏が発する言葉も、世界の耳目を集めている。たとえば、「顧客に関して私が非常に気に入っていることが一つある。それは彼らが神のように不満を抱いていることだ。その期待は決して止まらず、高止まり続ける。それは、人間の性だ」。そして「昨日の脅威は、すぐに今日の普通(スタンダード)になってしまう」。つねに顧客ニーズから逆算してサービスを創造するジェフ・ベゾス氏らしい言葉の数々である。

 米国では、アマゾンがあらゆる企業・産業を飲み込み、淘汰してしまう“アマゾン・エフェクト“という現象が起きているが、日本でもその兆候が見えている。物流拠点の整備・拡充を進める中、アマゾンジャパンの売上は1兆2,000億円を突破し、昨年、食品スーパーやコンビニなどへの脅威となる「アマゾンフレッシュ」もスタートさせるなど、着々とその事業領域を拡げているからだ。

 同業社の動向などには気を取られず、つねに人間の限りない欲望にフォーカスして、 “スタンダード”を打破してきたジェフ・ベゾス氏。日本の小売業界も、このような彼の姿勢を見習う必要があるだろう。

第259号 電子チラシの配信販促サービスとは前のページ

第261号 自社サイトで安心・簡単を提供する ID決済サービス次のページ

関連記事

  1. 第180号 アマゾン革命

  2. 第258号 2,330社

  3. 第201号 業務の自動化とCRM戦略

最新の経営コラム

  1. 第22話 中小企業にとっての退職給付制度

  2. 第159話 中国の景気悪化より米国発の世界同時不況が大問題

  3. 第244回 社長のセブンルール

ランキング

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10

新着情報メール

日本経営合理化協会では経営コラムや教材の最新情報をいち早くお届けするメールマガジンを発信しております。ご希望の方は下記よりご登録下さい。

emailメールマガジン登録する

新着情報

  1. マネジメント

    第3回 経営理念から付加価値を最適化するセブンイレブン
  2. 戦略・戦術

    第135号 スマホ普及で変わるネット通販
  3. 人間学・古典

    第九話 「目的と注意力」
  4. マネジメント

    第118回 『部下との心理的ベースの構築術』
  5. キーワード

    第72回 社会貢献とビジネスを両立させる 「250 にこまる食堂 根岸本店」
keyboard_arrow_up