menu

経営者のための最新情報

実務家・専門家
”声””文字”のコラムを毎週更新!

文字の大きさ

教養

2012年6月号

必読!社長が読むべき今月の4冊

2012061_120.jpg★ガラケー→スマホ乗換え潜在人口は9000万人!
モバイルシフト

津山恵子(ジャーナリスト)・森直樹(電通 プロデューサー)著
アスキー・メディアワークス刊 
1,600円(税別)
 

■モバイルファースト(モバイルを基点に考える)の背景はスマホの普及
 フェイスブック等ソーシャルメディアを利用するデバイスの主役もスマホ
 スマホの普及は、生活者のライフスタイルを変化させる
 機種変更で、3年もすればガラケーの大半はスマホに自動的に切り替わる
■スマホになると、PCよりもモバイル・インターネットの利用が増える
■フラッシュサイトを多用している場合、iPhoneでは閲覧すらできない
■あと2~3年で、モバイルは光通信などと同等の高速通信環境になる
 生活者を理解し、テクノロジーを理解してモバイルシフトに対応しよう

btn_amazon.gif

 

 


 

2012062_120.jpg★ロジックツリーだけでは解決しない問題を解決する技術
循環思考

横山禎徳(社会システム・デザイナー)著
東洋経済新報社刊 
1,600円(税別)
 

■慣れ親しんできた線形思考(リニア思考)から抜け出そう
■「問題の裏返し」の答えは優れた答えではない
■循環思考で「成長」から「拡大」に転換しよう
■新しく「良循環」をつくりだそう
■手を動かしながら、人の十倍は繰り返し考えよう
■「良循環」とそれを駆動するサブシステムは同時に考える
■賛同者を巻き込みながら一緒にサブシステムを考えだしていこう
■サブシステムごとの行動ステップは詳細に記述すること

btn_amazon.gif

 

 


 

2012063_120.jpg★日本は大丈夫!破綻しない!
銀座の投資家が「日本は大丈夫」と断言する理由

大原浩(GINZAXグローバル経済・投資研究会代表)著
PHP研究所刊 
1,500円(税別)
 

■目の前が暗いから明日も真っ暗闇ということはない
■華僑たちは今後も発展するし、大陸中国の人々に比べて彼らは親日的だ
■日本の産業のエネルギー効率は、アメリカの約2倍、中国の8倍以上だ
■日本の都市鉱山には全世界埋蔵量の1割を超える金属が存在する
■多くの資源が眠っている日本の領海・EEZの広さは世界第6位
■農業は十分な利益を生む成長性のあるビジネスだ
■65~74歳の方々に働いてもらえば、3人に2人は現役という勘定だ
■製造業立国から投資国家へ

btn_amazon.gif

 

 


 

2012064_120.jpg★あなたの夢実現を加速させる
人脈塾

鳥居祐一(株式会社スピードブランディング代表)著
角川学芸出版刊 
1,429円(税別)
 

■成幸哲学の父、ジム・ローンの教え:正しい人を選んで付き合いなさい
■人脈とは、お互いの夢や目標を喜んで応援できる仲間だ
■人に応援される人とは誠実な人
■一流の人と付き合うには、自分の価値をできるだけ高めること
 一流の人は、決して人の悪口を言わない
■時間がないのは誰しも同じ。時間は作るのではなく「こじ開ける」もの
■一流の人が最優先するのは、実は健康だ
 人脈作りとは、結局「自分作り」だ

btn_amazon.gif

 

 

2012年5月号前のページ

2012年7月号次のページ

関連記事

  1. 2017年3月号

  2. 2015年8月号

  3. 2016年2月号

最新の経営コラム

  1. 第121回 騒音を低減して、仕事も学習も効率アップ!

  2. 第20回 新事業は社長の情熱が成功を決める

  3. 第183話 ボタンを掛け違えたM&A

アクセスランキング

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10

新着情報メール

日本経営合理化協会では経営コラムや教材の最新情報をいち早くお届けするメールマガジンを発信しております。ご希望の方は下記よりご登録下さい。

emailメールマガジン登録する

新着情報

  1. 人間学・古典

    第39講 「言志四録その39」歴代の史書を読むべし。上下数千年の事跡を羅ねて胸憶...
  2. 戦略・戦術

    第111話 なぜ自社の資産再評価行為(オフバランス)等をして、節税を考えないので...
  3. 社長業

    Vol.17 「後継者の就職先3大条件」
  4. ブランド

    「先端」を制する者、成功を制す その4「襟元」
  5. 戦略・戦術

    第248号 宅配送料についての新しい取り組み
keyboard_arrow_up