menu

経営者のための最新情報

実務家・専門家
”声””文字”のコラムを毎週更新!

文字の大きさ

社員教育・営業

第12回 「ユーモアの心を」

デキル社員に育てる! 社員教育の決め手

「魅力ある電話応対とは」
◆「電話応対にユーモアの心を」◆


電話応対の基本ができるようになったら、今の電話応対にひとつプラスして
自分という個性を応対に出せるようにしていきましょう。

相手が急いでいるのに、それを感じず、いつも通りに応対したり、
いつも電話を頂くお得意様なのに、マニュアル通りに応対したり…など、
その場の状況をすぐに察して、電話応対をできるようにしていくことが大事です。

先日、指導させていただいている会社の新人営業マンの方から、興味深いお話を聞くことができました。

彼が、まちがい電話かけてしまって、すぐに気がつき、「まちがいました!」と謝った時のこと、
電話に出られた中堅の女性のさりげない応対ひとつで、その会社に対して良い印象を持ったそうです。

では、その電話に出た女性が何と言ったかと言いますと、彼女は一言。
まちがい電話をかけて、慌てたその新人営業マンの様子を感じ取り、
「何度でも結構ですよ。いいお声ですから」と言ったのだそうです。

かしこまって恐縮している新人らしき人の声を聞いて、気持ちを和らげてくれたのです。
なかなか、そこまでは中堅クラスでなければ言えません。

オフィスへのパソコンの普及に伴い、メール文化になっていますが、文字とは違い、声を通じての表現は一番、
相手に伝わります。時、場所、機会にあわせて、自分の味がだせるような、ゆとりのある仕事のプロに
なりたいものですね。

“その人の価値は、話す言葉によって決まる”バーナードショウの言葉です。
覚えておくと、あなたにとって多くの仕事の場面で役に立つと思います。

第11回 「クレーム応対の心構え」前のページ

第13回 「先輩社員も声を響かせよう」次のページ

関連記事

  1. 第94回 コミュニケーション上手になる仕事の進め方14 仕事の教え方もコミュニケーション

  2. 第87回 コミュニケーション上手になる仕事の進め方 7

  3. 第124回 コミュニケーション上手になる仕事の進め方45「採用と社員教育Ⅰ」

最新の経営コラム

  1. 第87回 サスティナブル(持続可能性)

  2. 第65回 子供に自社株を譲るときの注意点

  3. 人望を築く「脳の大原則」
    西田文郎氏(株式会社サンリ 会長)

アクセスランキング

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10

新着情報メール

日本経営合理化協会では経営コラムや教材の最新情報をいち早くお届けするメールマガジンを発信しております。ご希望の方は下記よりご登録下さい。

emailメールマガジン登録する

新着情報

  1. 社員教育・営業

    第75講 クレーム対応成功の法則はまず『親身的対応7つの手順』で運ぶこと(3)
  2. 健康

    第82号 ゴルフ次世代の新商品
  3. 経済・株式・資産

    第21回  「自社株相続に関する条件整備にも関心を!」
  4. 社長業

    Vol.88 「会社の信用、信頼性の大切なモノサシの一つ」
  5. 新技術・商品

    第23話 「お客が希望する商品を」ではなくて!
keyboard_arrow_up