menu

経営者のための最新情報

実務家・専門家
”声””文字”のコラムを毎週更新!

文字の大きさ

社員教育・営業

第81回コミュニケーション上手になる仕事の進め方 2

デキル社員に育てる! 社員教育の決め手

「仕事のすすめ方
◆仕事を円滑にすすめる「コミュニケーションのスキル」◆

 
前回、「仕事の進め方」に繋げるための準備段階があるということに触れました。
今回は、指示の受け方と出し方両サイドについてお話します。仕事の進め方には皆様がご存じの「報・連・相」がありますが、報告をする前には、その前に指示を受けて実行しています。
 
どちらの会社でも日常起こる、簡単な一つの指示の例です。
 
①係長「山田君、ちょっと。」
②山田「あ、はい。」 
③係長「このコピーをしておいて、全部で10枚だけど。今から二時間後に12名分欲しい。出来るかな?」    
④山田「かしこまりました。係長、二時間後ですね。」              
 
皆様はこのやり取りをどう感じますか。
実は両者に問題があります。まず①の係長の言葉ですが、前回「仕事の進め方」に繋げる準備段階があると申し上げたように、職種として立場が違っても、思いやる気持ちを表現すると印象がぐんと変わります。短いフレーズの中であっても意識があれば温もりのある言葉を瞬時に選択して入れることが可能です。
 
②の山田さんも係長の言葉を受けて発する言葉に違いが出てきます。(メモ用紙と筆記用具を必ず持参すること)③で係長は、最低の情報でしか山田さんに指示を伝えていません。これでは山田さんのやる気を引き出すことは出来ません。出来る限り仕事の全容を伝えることで、山田さんはこのコピー取りが何に繋がっているかを理解します。大事な仕事の一部を担っていることを知っていると、コピーをとる時の気持ちは全く違います。たかがコピーではなくなるのです。
④の山田さんは③で12名分のコピーが何に使われるかを理解すると意欲が変ります。例えば、資料を載せるコピー機のガラス面に汚れはないだろうかとか、一枚の資料の文字が細かすぎるのでA3に用紙を替えたほうがよいか質問できるようになります。ただ機械
的にコピーを取るのではなくなります。人は些細なことで変化しうるのです。
 
では、以上のような点をふまえたやり取りをお読みください。
 
①係長「山田君、今大丈夫かな。」
②(メモと筆記用具を持ってすばやく立つ)山田「はい、係長。只今参ります。」
③係長「君も知っている○○プロジェクトの会議が二時間後にあるのだが、その時使う資料10枚を12名分用意してほしい。うちの会社の今年度初の大型プロジェクトだからね。」
④山田「かしこまりました。係長、よろしいでしょうか。一枚目のこの資料ですが、少し活字が細かく見えます。いかがいたしますか。」       
⑤係長「そうだな。じゃぁ、読みやすいようにそれだけA3に。君は仕事が丁寧だから安心だ。」
⑥山田「ありがとうございます!念のため大事な資料ですので誤字がないか一度チェックさせていただいてからコピー致します。」
 
同じやり取りでも指示の出し方、受け方の違いで、仕事の進み方が見違えるように変わってくるのです。
 
 
▼松尾友子講師の通信講座「ビジネス・コミュニケーション講座」CDはこちら
s2168.250x250.fill.jpg

【通信教育】ビジネス・コミュニケーションスキル講座はこちら

 

第79回「上手な話し方」話すことを楽しむ前のページ

第82回コミュニケーション上手になる仕事の進め方 3次のページ

関連記事

  1. 第70回「話の聞き方」アイコンタクト

  2. 第128回 コミュニケーション上手になる仕事の進め方49「今年の新入社員の傾向と育て方」

  3. 第159回コミュニケーション上手になる仕事の進め方81「仕事の一部ではなく、頭から終わりまでの経験をさせる」

最新の経営コラム

  1. 破綻企業の「4つの不良」…「勝ちに不思議の勝ちあり、負けに不思議の負けなし」は経営破綻においても同じだ(第3話/全8回)

  2. 第30講 カスタマーハランスメント対策の実務策⑰

  3. 第126回 食品小売りの覇権争いは地域密着型の食品スーパーの圧勝で決着(ヤオコー)

ランキング

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10

新着情報メール

日本経営合理化協会では経営コラムや教材の最新情報をいち早くお届けするメールマガジンを発信しております。ご希望の方は下記よりご登録下さい。

emailメールマガジン登録する

新着情報

  1. マネジメント

    第47回 不正が起きない仕組みをつくるのが社長の仕事
  2. 戦略・戦術

    第六十八話「遊ぶ鉄工所」ヒルトップの差別化成功戦略と人中心の経営
  3. 戦略・戦術

    第113話 高額退職金支払いは リスクが大きい?
  4. キーワード

    第163回 パリ・バルセロナ視察ツアー・レポート 2
  5. マネジメント

    時代の転換期を先取りする(7) ベトナム終戦(ニクソンの決断)
keyboard_arrow_up