menu

経営者のための最新情報

実務家・専門家
”声””文字”のコラムを毎週更新!

文字の大きさ

戦略・戦術

第148号 美味しくなければ、代金は返金します

社長のための“儲かる通販”戦略視点

 「美味しくなければ、代金は返金します」のフレーズを入れた食品通販広告のCPR 値は438 円。

 私の顧問先企業における、今年上半期の最高実績の数字である。このようなキラーコピーを使った返金保障は、通販ではオーソドックスな販促手法の一つだ。

 これは、通販発祥の地であるアメリカから始まったもので、当時、靴屋であったノードストロームが、無期限の返金保障を謳ったことに端を発している。

 シアトルの一靴屋だったノードストロームは、今では全米最大の高級デパートに変貌したが、顧客サービスの徹底などに裏打ちされた企業理念は受け継がれ、現在も高品位のカスタマーサービスを提供する企業として知られている。

 現在、この返金保障は、お試し商品や基幹商品の通販広告で使われるケースが多く、ネームバリュー のない企業が消費者に強くアピールする手段として定着。

 とくに、通常は返品不可となる食品に関する返金保障は、迷う消費者の背中を押す大きなベネフィットとなっている。

 この手法を、外食大手のワタミが、開業20 周年のキャンペーンとして、主力の居酒屋「和民」で試み ている。

 お薦め料理を気に入らない来店客に全額払い戻すこのサービスは、9 月末まで全国の和民380 店で実施。産地直送の魚や自社農場産の野菜を使い、「料理の味や食の安全に自信があることをアピールする」とし、その返金率を0.2%以下と見込んでいる。

 通販の返品率が1%以下であることを考えれば、この数字は妥当ラインだろう。

 通販においても返金保障は、商品への“ 絶対的自信”の表れであり、「顧客第一主義」の証しでもある。

 確実にレスポンスが高まるこの手法を使うためには、前述の食品通販企業やノードストローム、そして和民のように、まずこの“ 絶対的自信”の醸成から始めるべきである。

 

第147号 消費者に支持される理由前のページ

第149号 1,000品目次のページ

関連記事

  1. 第162号 通販利用が高まる、出産の内祝い

  2. 第166号 多様化する「お試しサービス」

  3. 第283号「D to C」時代の本格到来

最新の経営コラム

  1. 第169回 「達人に学ぶ①アパホテル 元谷拓さん」

  2. 第4講 まず、担当者がお客様との正しい関係に合った対応をすること!

  3. 第19回 成長するフィンテック企業の戦略 ~ クラウドファンディング Makuake ~

アクセスランキング

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10

新着情報メール

日本経営合理化協会では経営コラムや教材の最新情報をいち早くお届けするメールマガジンを発信しております。ご希望の方は下記よりご登録下さい。

emailメールマガジン登録する

新着情報

  1. 教養

    2013年11月号
  2. マネジメント

    第六十五話 「もう一件、あと一件」(日本映像教育社)
  3. マネジメント

    第140回 リーダーは「安全圏」の外へ出ろ
  4. マネジメント

    第24回 特別対談:鳥飼総合法律事務所 代表弁護士 鳥飼重和氏(後編)
  5. 税務・会計

    第14号 バランスシートの大きさ
keyboard_arrow_up