menu

経営者のための最新情報

実務家・専門家
”声””文字”のコラムを毎週更新!

文字の大きさ

戦略・戦術

第207号 本格化する通販実戦会の海外進出

社長のための“儲かる通販”戦略視点

 中国&アセアン域内への商流開拓を開始してから、5年が経過した。販路として確立したのは、深圳・香港・大連・上海・シンガポール・バンコク・ホーチミンで、今年中にジョホールバル(マレーシア)・石家庄(河北省)・プノンペン(カンボジア)が加わるメドが立ち、近々10都市になる予定である。
 
 具体的な販路は、ネット通販、テレビ通販、日系百貨店、日系GMS、日本商品専門店などであり、とくに百貨店催事やネット通販ルートが好調だ。商品戦略としては、メイド・イン・ジャパンを大前提に、消費者のニーズを分析しながら、原材料の変更などにより部分的に現地化を図り、安全性と高品質を兼ね備えた高付加価値の日本商品としてアピールしていくマーケティングを実施している。
 
 中でも、「シンガポール高島屋」や「バンコク伊勢丹」など、日本商品の“売り場”として信頼性の高いアセアンの日系百貨店の催事には積極的に出展している。定期的に出展していた実戦会会員の中には、その実績が認められて、常設売り場を持った企業も出てきた。その企業は、今年7~8月、タイのジュピターショップチャンネルにも生出演し、百貨店での販売とテレビ通販の併用により、売上とブランドの知名度を上げている。
 
 一方、対中国については、この5 年間、尖閣諸島問題の最中においても途切れることなく商談会ツアーを継続してきた。中には、深圳の日本製品専門問屋を通して、中国全土への流通を可能にし、海外売上比率が10%を超えた会員企業も出てきた。
 
 このように我々の販路開拓は、売上に直結した一つの戦略として本格化してきている。中小企業が海外進出を実現させるためには、3~5 年をメドに、催事出展や商談を継続的に行っていくことが、結果的には成功への近道となるのだ。
 
 
書籍 白川博司著 『通販成功マニュアル』 好評発売中
 
書籍 白川博司著 『中国通販成功マニュアル』 好評発売中

第206号 拡大する「生活サポートビジネス」市場前のページ

第208号 10兆2,356億円次のページ

関連記事

  1. 第253号 通販健康オタク県は?

  2. 第191号 アジア最後のフロンティア「ミャンマー」

  3. 第226号 100万人

最新の経営コラム

  1. 第169回 「達人に学ぶ①アパホテル 元谷拓さん」

  2. 第4講 まず、担当者がお客様との正しい関係に合った対応をすること!

  3. 第19回 成長するフィンテック企業の戦略 ~ クラウドファンディング Makuake ~

アクセスランキング

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10

新着情報メール

日本経営合理化協会では経営コラムや教材の最新情報をいち早くお届けするメールマガジンを発信しております。ご希望の方は下記よりご登録下さい。

emailメールマガジン登録する

新着情報

  1. マネジメント

    第36回 質問「これから起業を目指す人へアドバイスをください」
  2. 経済・株式・資産

    第30話 先細りの事業を再構築するときに、必要なこと
  3. 税務・会計

    第13回 大きくなれば会社と風船は壊れてしまう
  4. キーワード

    第53回 新しい働き方
  5. コミュニケーション

    第159回 「いいところを見つけるのが気配り」 
keyboard_arrow_up