menu

経営者のための最新情報

実務家・専門家
”声””文字”のコラムを毎週更新!

文字の大きさ

人事・労務

第7講 リーダーの承認力が人を伸ばし組織を救う

顧客・社員・社会から支持される「ウェルビーイング経営入門」

 「ウェルビーイング経営」とは、株主や顧客だけでなく、従業員や地域、環境など多様なステイクホルダーの幸せを高めて、自社の成長を目指す経営のことを指します。中でも注目されるのは、従業員のウェルビーイングを高め、事業の発展につなげる手法です。従業員の幸福度が高いほどビジネス上の成果も上がるという研究結果は、もはや経営上の常識に近づいています。例えば、米イリノイ大学心理学部名誉教授エド・ディーナー氏らによる、主観的幸福度の高い従業員は生産性が31%、売上は37%、創造性は3倍高いという研究論文は、世界中の経営者をウェルビーイング経営にけん引する大きなインパクトをもたらしました。

 従業員の幸福度を上げる方法はいろいろですが、今日注目するのはコーチング的かかわり、特に「承認」の力です。従業員の幸福度や可能性を引き出すためには、指示命令ではなくコーチングを軸としたかかわりがカギとなりますが、その中でも、特にリーダーが知っておきたい「承認」の効果と方法を解説します。

 

〇組織は人が作っている

 どんな素晴らしい経営理念や戦略があっても、それを実行するのは、そこに働く人たちです。働く人が力を存分に発揮し、自律的に成長する職場を作ることは、理念や戦略の実現には欠かせません。

 そして、人の力や自発性を引き出す効果的な関わり方がまさにコーチングであり、中でも重要なスキルが「承認」なのです。

 

〇承認とは何か

 まず、承認とは「相手を認める言動の全て」を指します。承認には次のような効果があります。

① 不安の低減

 人は常に不安を感じている生き物です。不安は完全に取り去ることはできませんが、あまりに不安が強いと十分な力を発揮できません。職場でも、自分はこの会社で信頼されているのか、できない人材と思われていないか、そんな不安が、仕事への意欲を少しずつ低下させます。その結果、仕事に遅れが出たり、周りに相談できずに一人で抱え込んでしまうのです。これは不安がもたらす負のスパイラルでもあります。不安による負のスパイラルを好転させるのが「承認」です

 人は、自分が認められたと感じるときに一気に不安が軽減し、「心理的安全性」も高まります。その結果として、やる気が出て仕事のスピードも上がり、生産性も上がっていくのです。

 

② 自己開示の促進

 承認されると、人は自分自身を安心して開示できるようになります。そして、自己開示ができるようになると、自分の弱い面も見せることができるようになります。逆に、自己開示ができないと、自分の弱い面やミスを伝えられません。上司にとっては、部下のミスや、仕事の遅延状況を知ることは、とても重要なことですよね。そこを隠されると、仕事全体に支障が生じますし、隠ぺいは組織的な問題にもなりかねません。

 自分の弱みやミスについて率直に話せる自己開示の力は、上司の承認によって育てることができます。つまり、部下は普段から上司に承認されている時に、自分の失敗も率直に開示できるようになるのです。上司の承認は、部下と組織を救うほどの効果があると考えましょう。

次のページ承認が不足する職場で起きること

1

2 3 4

第6講 「ウェルビーイング経営」とは社内のポジティブ感情を高めること前のページ

第8講 多様性とウェルビーイングが価値を生み出す時代、組織力は〇〇力に比例する次のページ

関連記事

  1. 第6講 「ウェルビーイング経営」とは社内のポジティブ感情を高めること

  2. 第4講 最先端のウェルビーイング経営の5つのポイント

  3. 第11講 やってはいけない部下のほめ方
    ―スタンフォード大の研究に学ぶ成長マインドセット―

最新の経営コラム

  1. #4 一流の〈名刺力〉-名刺は必要?不要?-

  2. 第51回 生産性向上ではなく、商品力向上へ

  3. 第155回 データをスマホからPCに簡単転送【Google Drive編】

ランキング

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10

新着情報メール

日本経営合理化協会では経営コラムや教材の最新情報をいち早くお届けするメールマガジンを発信しております。ご希望の方は下記よりご登録下さい。

emailメールマガジン登録する

新着情報

  1. 税務・会計

    第92回 所得税・住民税の定額減税の給料計算対応
  2. マネジメント

    第184回 『企業の社会的責任(CSR)を形骸化させない6ション』
  3. 人間学・古典

    第85講 「帝王学その35」 上智の人は、自ら染まるところなし。ただ中智の人は恒...
  4. マネジメント

    第135回 年齢差を大事にする
  5. マネジメント

    人を活かす(5) 武家の知恵
keyboard_arrow_up