menu

経営者のための最新情報

実務家・専門家
”声””文字”のコラムを毎週更新!

文字の大きさ

税務・会計

第2回 
右肩上がりの時代は、どんぶり勘定でよかった。

決算書の“見える化”術

  売上が右肩上がりの時代、変動費も右肩上がりだけど、固定費は遅れて動くから利益は増えた。
ところが、デフレ社会では、売上は伸び悩むのに、固定費だけは増え、キャッシュはみるみる減っていく。  
無意識に顔を出す「高度成長時代の成功体験」が、変化に対応する経営のじゃまをしていませんか? 
 売上とコストの関係を、 P/L面積グラフの見える化で理解しましょう。  
 


※ 3分35秒(MP3)
 
002-1407.jpg
 

※上記のプレーヤーから音声コラムをお聴きいただけます。
再生ボタンを押すと音声コラムがスタートいたします。
再生できない場合は、こちらから直接音声ファイルを再生してください。


 

第1回 P/L(損益計算書)を面積グラフにして、5つの「利益を見える化」してみる。前のページ

第3回 P/L(損益計算書)のどこに、返済原資があるのか?次のページ

関連記事

  1. 第34回 生命保険を使った埋蔵金、把握していますか?

  2. 第11回 
    高額退職金をもらっても株価が下がらない場合は、どうすればいいのか!
    ~その① 「従業員持ち株会」「金庫株」の活用を、ご存知ですか?~

  3. 第15回 延長された特別償却制度を活用していますか?
    ~「どちらでも同じ」という税理士にだまされるな!~

最新の経営コラム

  1. 第169回 「達人に学ぶ①アパホテル 元谷拓さん」

  2. 第4講 まず、担当者がお客様との正しい関係に合った対応をすること!

  3. 第19回 成長するフィンテック企業の戦略 ~ クラウドファンディング Makuake ~

アクセスランキング

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10

新着情報メール

日本経営合理化協会では経営コラムや教材の最新情報をいち早くお届けするメールマガジンを発信しております。ご希望の方は下記よりご登録下さい。

emailメールマガジン登録する

新着情報

  1. 経済・株式・資産

    第78話 会社が破たんする原因は資産にある(7)
  2. 経済・株式・資産

    第122話 経営とリスク(7)
  3. 経済・株式・資産

    第79話 IMFはなぜ中国の経済見通しを上方修正したか?
  4. マネジメント

    第143回 『「できる人」から「できた人」へ』
  5. キーワード

    第206回 ロールアイスクリーム・ファクトリー
keyboard_arrow_up