menu

経営者のための最新情報

実務家・専門家
”声””文字”のコラムを毎週更新!

文字の大きさ

税務・会計

第36回 危機に備えて売り物、売り先、売り方の柱をいくつか持ちなさい

おカネが残る決算書にするために、やっておきたいこと

 

今回のキーワード
売り物、売り先、売り方の集中は、危機に弱い

〇〇ショックや△△豪雨、××大震災、等という、何らかの危機に襲われたとき、一気に経営が窮地に落ち込む会社は、売り物、売り先、売り方に偏りがある会社です。
その唯一の売り物・売り先や売り方が窮地に陥ると、途端に業績が悪化してゆくのです。
しかも、急に変えようとしても、うまくゆくはずがありません。
 
そんな時、複数の柱を持っている会社は、廃れた柱に頼ることなく、別の柱に力を注ぎます。そして、危機を乗り越えてゆくのです。
21世紀に入り、「10年に一度の…」「経験したことのない…」という危機が頻発する時代に突入しました。
そのような環境において、売り物・売り先・売り方を特定することは、大いなるリスクとなるのです。
 
新たな売り物、売り先や売り方を開拓できるのは、経営が順調な時です。失敗しても大きなダメージを受けないからです。
順風満帆な時ほど、売り物・売り先・売り方への、新たなチャレンジをしてほしいのです。
 
 
bspl2_35.jpg

第35回 買い過ぎはムダ金流出のもと前のページ

第37回 固定費を下げて損益分岐点を下げておきなさい次のページ

関連記事

  1. 第30回 自己資本比率の高い会社は、有事でも銀行融資枠を早期に確保できていた

  2. 第8回 
    高額退職金を受け取り、株価を下げておきなさい。~その② 社長の役員報酬、低すぎませんか?~

  3. 第12回 
    高額退職金をもらっても株価が下がらない場合は、どうすればいいのか!~その② 種類株式の活用を、ご存知ですか?~

最新の経営コラム

  1. 第169回 「達人に学ぶ①アパホテル 元谷拓さん」

  2. 第4講 まず、担当者がお客様との正しい関係に合った対応をすること!

  3. 第19回 成長するフィンテック企業の戦略 ~ クラウドファンディング Makuake ~

アクセスランキング

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10

新着情報メール

日本経営合理化協会では経営コラムや教材の最新情報をいち早くお届けするメールマガジンを発信しております。ご希望の方は下記よりご登録下さい。

emailメールマガジン登録する

新着情報

  1. 戦略・戦術

    第十七話 お客さまに忘れられないための活動
  2. 健康

    第30号 目は口ほどにモノを言う
  3. 人事・労務

    第127話 賞与には安定分と同時に刺激分が必要です
  4. 戦略・戦術

    第76話 ハイパーインフレは まだまだ起こらない(2)
  5. マネジメント

    第132回 『人は見かけで判断する』
keyboard_arrow_up