menu

経営者のための最新情報

実務家・専門家
”声””文字”のコラムを毎週更新!

文字の大きさ

社員教育・営業

第4講 『商品』=『製品価値』+『付加価値』

クレーム対応 実践マニュアル

従来のクレーム対応は、実際のところ企業と消費者の勝敗を明確にするまでがクレーム対応の本質だったわけですが、
今では企業と消費者が歩み寄り握手するまでがクレーム対応の初期対応が目指す着地点です。


対応者がいかに消費者の思いにたった親身な対応ができるかが消費者から要求されているわけです。
なぜそのような対応者の親身な対応がお客様の納得の一助となるかというと、今や、商品やサービスの不具合は
製品価値の獲得を損なったことだけにとどまらない時代となっているからです。


現代の『商品』は機能が果たせていること、味や量が適正であることを『製品価値』とし、
その機能や味が満たされたときの幸福感や、充足感や、満足感を感じていただけることを『付加価値』と考えています。

つまり、『製品価値』と『付加価値』が合体して『商品価値』は構成されるわけです。

そのような中で、買った機械製品が動かないとか、食べようと思った食品に
異物が混入していたなどとよくあるクレームに対して、
私たち企業はこれまでどのような手順でお客様に理解を求めてきたかというと、
3現主義(『現品』を見、『現象』を認識し、該当すると思われる『現場』をチェックする)を行い、
原因究明に取り掛かり、原因を明確にし、その結果、再発防止策を講じることで納得を得ようとしてきました。

しかし、納得が得られない苦しみを何度も味わった担当者がたくさんおられると思います。
ご他聞にもれず私自身もそのような経験をずいぶんしました。


なぜ、製品についての説明材料に欠損はないし、論理もつながっているのに、お客様は納得しないのか?
そう思ったら、もうひとつできていなかったことがあるのでないかと疑ってみてください。さてそれはなんでしょう。

                                        中村友妃子          

第3講 お客様の声を神の声にできるかできないかは企業しだい前のページ

第5講 『満足するクレーム対応』=『論理的対応』+『親身的対応』次のページ

関連セミナー・商品

  1. 月刊CD経営塾バックナンバー 2016年5月号

    音声・映像

    月刊CD経営塾バックナンバー 2016年5月号

  2. 「女性リーダー養成プログラム」ネット配信講座

    音声・映像

    「女性リーダー養成プログラム」ネット配信講座

  3. 製品・サービス別クレーム対応《家電・携帯電話篇》

    音声・映像

    製品・サービス別クレーム対応《家電・携帯電話篇》

関連記事

  1. 第59講 クレーム対応という仕事をやってるからには楽しむ!方法(2)

  2. 第86講 クレーム対応成功の法則はまず『親身的対応7つの手順』で運ぶこと(14)

  3. 第49講 事例を使ってクレーム対応の間違いと、最善の対応を学ぶ  筆者体験事例(2)

最新の経営コラム

  1. 第120回 新NISAって何?

  2. 第111回 尾張温泉(愛知県) 毎日入りたくなる市街地の名湯

  3. 時代の転換期を先取りする(8) 武士の時代を開く(源頼朝)

ランキング

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10

新着情報メール

日本経営合理化協会では経営コラムや教材の最新情報をいち早くお届けするメールマガジンを発信しております。ご希望の方は下記よりご登録下さい。

emailメールマガジン登録する

新着情報

  1. 経済・株式・資産

    第126話 経営とリスク(11)
  2. マネジメント

    危機への対処術(21) 揺れる世界情勢の中で(ド・ゴール)
  3. キーワード

    第31回 BYD
  4. 税務・会計

    第57回 インボイス制度導入前後に注意すべき3つのこと
  5. マネジメント

    決断と実行(5) 「夢の超特急」を走らせた執念
keyboard_arrow_up