menu

経営者のための最新情報

実務家・専門家
”声””文字”のコラムを毎週更新!

文字の大きさ

社員教育・営業

第4講 『商品』=『製品価値』+『付加価値』

クレーム対応 実践マニュアル

従来のクレーム対応は、実際のところ企業と消費者の勝敗を明確にするまでがクレーム対応の本質だったわけですが、
今では企業と消費者が歩み寄り握手するまでがクレーム対応の初期対応が目指す着地点です。


対応者がいかに消費者の思いにたった親身な対応ができるかが消費者から要求されているわけです。
なぜそのような対応者の親身な対応がお客様の納得の一助となるかというと、今や、商品やサービスの不具合は
製品価値の獲得を損なったことだけにとどまらない時代となっているからです。


現代の『商品』は機能が果たせていること、味や量が適正であることを『製品価値』とし、
その機能や味が満たされたときの幸福感や、充足感や、満足感を感じていただけることを『付加価値』と考えています。

つまり、『製品価値』と『付加価値』が合体して『商品価値』は構成されるわけです。

そのような中で、買った機械製品が動かないとか、食べようと思った食品に
異物が混入していたなどとよくあるクレームに対して、
私たち企業はこれまでどのような手順でお客様に理解を求めてきたかというと、
3現主義(『現品』を見、『現象』を認識し、該当すると思われる『現場』をチェックする)を行い、
原因究明に取り掛かり、原因を明確にし、その結果、再発防止策を講じることで納得を得ようとしてきました。

しかし、納得が得られない苦しみを何度も味わった担当者がたくさんおられると思います。
ご他聞にもれず私自身もそのような経験をずいぶんしました。


なぜ、製品についての説明材料に欠損はないし、論理もつながっているのに、お客様は納得しないのか?
そう思ったら、もうひとつできていなかったことがあるのでないかと疑ってみてください。さてそれはなんでしょう。

                                        中村友妃子          

第3講 お客様の声を神の声にできるかできないかは企業しだい前のページ

第5講 『満足するクレーム対応』=『論理的対応』+『親身的対応』次のページ

関連記事

  1. 第49講 事例を使ってクレーム対応の間違いと、最善の対応を学ぶ  筆者体験事例(2)

  2. 第7講 成功するクレーム対応の心構えは 『誠意・ていねい・親切』よりも『主導権をとる』

  3. 第14講 正確な事実の聞き取りに失敗しないために~その1~

最新の経営コラム

  1. 第169回 「達人に学ぶ①アパホテル 元谷拓さん」

  2. 第4講 まず、担当者がお客様との正しい関係に合った対応をすること!

  3. 第19回 成長するフィンテック企業の戦略 ~ クラウドファンディング Makuake ~

アクセスランキング

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10

新着情報メール

日本経営合理化協会では経営コラムや教材の最新情報をいち早くお届けするメールマガジンを発信しております。ご希望の方は下記よりご登録下さい。

emailメールマガジン登録する

新着情報

  1. コミュニケーション

    第40回 非対面時代の新・営業手法
  2. 人事・労務

    第64話 昇格昇進のための能力評価
  3. 人事・労務

    第88話 平成28年度地域別最低賃金額改定
  4. 経済・株式・資産

    第85回「成長戦略はどうしたのか」
  5. 不動産

    第77回 「 共用竪排水管 」は「 鋳鉄管 」が一番良い。
keyboard_arrow_up