menu

経営者のための最新情報

実務家・専門家
”声””文字”のコラムを毎週更新!

文字の大きさ

教養

第54回 『職場がイキイキと動き出す 課長の「ほめ方」の教科書』 (著:船見敏子)

眼と耳で楽しむ読書術

先日、ニューヨークを始め、全米5都市をまわってきました。
 
アメリカ人と接していて感じるのは、
"非常にほめるのが上手い"ことです。
 
よく知っている間柄であれ、初めてであれ、
通りすがり程度であれ、
ごく自然にほめ言葉が出てきます。
 
当然ながら悪い気はしませんし、
こちらも影響を受けます。
 
しかし、日本に帰ってくると
アメリカにいる時のようにはいかないのですが(笑)
 
日本人はほめるのが苦手、と言われているのを
改めて実感する次第です。
 
近年、ほめることの重要性が説かれるようになり、
関連するセミナーや書籍もかなり増えてきました。
 
しかし、まだまだ浸透しているとは言いづらいのが現実。
 
では、なぜほめるのが苦手なのでしょうか?
 
その答えになるのと同時に、
改善と習慣化に大きく役立つのが
今回紹介する
 
『職場がイキイキと動き出す 課長の「ほめ方」の教科書』(著・船見敏子)

tu54-1.jpg
 
です。
 
 
本書は、ほめるのが苦手な日本人にとって
まさに教科書といえるもの。
 
たとえば、ほめることができない人は
「相手を見ていない」と著者は言います。
 
「私の部下にはほめるところなんかない」という人がいますが、
ほめるところがないのではなく、関心をもって相手を見ていないだけ、
とのこと。
 
部下をイメージや先入観で見るのに慣れてしまって
いつの間にか、きちんと見なくなってしまっていませんか?
 
見ていなければ、ほめることはできませんよね、当然。
 
・部下を育てるほめ言葉とは、いかなるものか
・自信がない部下に自信をつけさせるには
・メンタル不調の防ぎ方、ストレスの減らし方
・職場をイキイキさせる"ほめ相撲"
・すぐに結果が見える効果的なほめ方
・上司のほめ方……etc
 
日々の仕事の中で盲点となっているところや、
目からウロコの内容が、たっぷり記述。
 
ほめるのと対極にある、叱り方について書かれているのもいいですね。
 
また、ほめるのが苦手な場合、
単にほめ言葉のボキャブラリーが少ないだけ、という可能性もありえます。
 
そこで、本書巻末には、50音順のほめ言葉辞典も載っているのが
特筆もの。
ほめ言葉のバリエーションが増えることで
ほめやすくなることもあるはずです。
 
何より、ほめ言葉1つで、できない部下が"できる部下"に
変わったら、どんなに素晴らしいことでしょう!
 
課長はもちろん、経営者、リーダー、親、教師など
人を育てる立場にある人、ぜひ読んでみてください!
 
大きな力になるはずです。
 
尚、本書を読むときに、おすすめの音楽は
 
『Greatest Hits』(演奏:トム・ペティ&ハートブレイカーズ)

tu54-2.jpg
 
です。
 
日本での知名度こそ低いですが、ロック殿堂入りも果たした
アメリカを代表するベテランバンド。
 
ほめるのを得意とするアメリカの空気を感じながら、
心の元気を充電。ぜひご一緒にどうぞ。
 
では、また次回。
 
 

第53回 『KISSジーン・シモンズのミー・インク』 (著:ジーン・シモンズ)前のページ

第55回 『リーダーのための経営心理学』(著・藤田耕司)次のページ

関連記事

  1. 第132回『エンニオ・モリコーネ 映画音楽術』(著:ジュゼッペ・トルナトーレ)

  2. 第92回『未来をつくる図書館』(著:菅谷明子)

  3. 第32回 『見えなくなったら、希望が見えた』 (著:穴澤雄介)

最新の経営コラム

  1. #2 一流の〈相談乗り力〉-相手になりきって聴く-

  2. 第49回 「お客様第一主義」の根本

  3. 第213回 少数株主からの買取請求を阻止せよ!

ランキング

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10

新着情報メール

日本経営合理化協会では経営コラムや教材の最新情報をいち早くお届けするメールマガジンを発信しております。ご希望の方は下記よりご登録下さい。

emailメールマガジン登録する

新着情報

  1. 教養

    2015年12月号
  2. 人間学・古典

    第12回 「握髪吐哺」周公旦の接客
  3. 経済・株式・資産

    第112話 なぜ日中は第三国市場で競争から協力へ方向転換か?
  4. マネジメント

    第17回 問題解決能力 《実行編》
  5. マネジメント

    第57回 『心配事があるのが会社』
keyboard_arrow_up