menu

経営者のための最新情報

実務家・専門家
”声””文字”のコラムを毎週更新!

文字の大きさ

マネジメント

第147回 『関心があるからストロークを与える』

社長の右腕をつくる 人と組織を動かす

 
犬が暴れたとき、飼い主はどうするだろうか?
 
狂犬でもない限り軽く撫でてやり、温かく取り扱い、さらに餌をやれば犬は静かになる。
もし、逆にぶったり叩いたりすれば、卑屈になったり攻撃的になる。
 
人間も同じである。
 
人は、満足な食事を与えられると、食物への要求は影をひそめる。
この状態で、最も人が必要とすることとは何だろう・・・
周囲への関心である。
 
《ストローク》とは、《あなたが他人に与えるすべての関心》のことをいう。
 
人は誰でも認められたがっている。言いると、「存在証明」を求めている。
 
「愛情」の反意語は「憎悪」であるというのが一般的な解釈だが、
少なくとも「憎悪」には、「関心」が含まれているという救いがある。
まったく関心がなければ、憎悪の対象にすらならない。
だから、「愛情」の真の反意語は、「無関心」なのである。
 
時折のストロークを与えられないと、不安になったり、反抗的になったり…
とどのつまりは、負け犬になってしまう。
最悪の場合、心身症にかかったり、自ら命を絶つことさえあるのである。
 
人間関係において、ストロークの交換は極めて重要である。
心から相手に関心を示すことは、人間関係の潤滑剤として非常に大切なことである。
 
 
私がそれなりに心がけているストロークの例は、廊下ですれ違ったら、
「おっ、だいぶ日に焼けたねぇ」とか「今日のネクタイ、ちょっとイイね」などの
ちょっとした、ひと言だ。
 
また、これまでいろいろな意味で世話になった人のリストを作ってあり、
不定期だが、時間の余裕ができたときに、ハガキやメール、電話で連絡をとっている。
親しい人とは、定期的に昼食を一緒にとるようにもしている。
さらに、誕生日にカードを送ることなども心掛けている。
 
 
職場を離れて、家族でのストロークといえば・・・
 
三人の息子とは、うるさがられながらも毎日必ず15分は話誌をするようにしていたし、
末の子とはスキンシップの一環として、たまに早い時間での帰宅になる日には、
一緒に風呂に入っていたものだ(歓迎されていたか疑問ではあるが…)。
愚妻に対しては、悪い冗談や、からかったりして、一日一回は怒らせるようにしている(笑)。
 
 
対人関係における潤滑剤として、ストロークの持つ効用は大きい。
 
 
 

第146回 『視点を変えれば、No! からも話が始まる』前のページ

第148回 『視点を変えると、メンターは身近にいる』次のページ

関連記事

  1. 第41回 『アイデアキラーを葬れ』

  2. 第39回 『スタッフ部門の心構え』

  3. 第23回 『現状否定・対策肯定』

最新の経営コラム

  1. 第169回 「達人に学ぶ①アパホテル 元谷拓さん」

  2. 第4講 まず、担当者がお客様との正しい関係に合った対応をすること!

  3. 第19回 成長するフィンテック企業の戦略 ~ クラウドファンディング Makuake ~

アクセスランキング

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10

新着情報メール

日本経営合理化協会では経営コラムや教材の最新情報をいち早くお届けするメールマガジンを発信しております。ご希望の方は下記よりご登録下さい。

emailメールマガジン登録する

新着情報

  1. マネジメント

    万物流転する世を生き抜く(45) 組織結束のための家康流根回しの妙
  2. 健康

    第44回 寒河江花咲か温泉(山形県) 近所にあったら嬉しい「金銀銅」の名湯
  3. マネジメント

    第45回 読書のススメ
  4. 経済・株式・資産

    第20話 昔からある業種では、視点を変えなければ利益も増えない
  5. マネジメント

    第151回 『他力で運を招く』
keyboard_arrow_up