menu

経営者のための最新情報

実務家・専門家
”声””文字”のコラムを毎週更新!

文字の大きさ

マネジメント

第146回 『視点を変えれば、No! からも話が始まる』

社長の右腕をつくる 人と組織を動かす

 
どんなイヤな上司でも、敵に回してしまってはいけない。
とくに、「できません」「むりです」などの全面否定の言葉を口にしたら最後だ。
 
何でも受け入れろ…というわけでない。
「No!」を、別の表現で伝えるコミュニケーション術を身につければいいのである。
 
単純に「これ以上はムリです」といっても、上司は納得しない。
こういう場合は、上司の足りないところを補うのが部下なのだ…と、視点を変えよう。
 
現場を知っているのは、自分なのだという誇りを持てば、
現場を知らない上司を精神的に超えられる。
そのゆとりをバックグラウンドに、上司の命令を実現するための、
具体的な方法やアイデアを考え、提案する形にしてみよう。
 
そのアイデアを、「人を見て法を説け」の原則をふまえて、上司に伝える。
 
たとえば、上司がコスト重視派なら、
 「こうすれば、コストが15パーセントは削減できます」
などと、コスト的な利点を強調する。
 
また、上司が人間関係を重視するタイプなら、
 「こうすれば、課の中の風通しが良くなり、チームワーク向上につながります」
という具合である。
 
やることはまったく同じである。
ただ、上司のタイプや価値観によって、「押すボタン」を変えるのだ。
 
 
P.F.ドラッカー氏は、こう言っていた。
 「上司をマネジメントする方法は、実のところ、かなり簡単だ。
  上司の強みを上司の強みを生かすべく接すればいいだけの話なのだ。」
と。
 
 
 

第145回 『よい生活習慣が、長期戦を支える』前のページ

第147回 『関心があるからストロークを与える』次のページ

関連セミナー・商品

  1. 社長が知るべき「人間学と経営」セミナー収録

    音声・映像

    社長が知るべき「人間学と経営」セミナー収録

関連記事

  1. 第70回 『目標には期限設定を』

  2. 第73回 『おカネとヤル気の法則』

  3. 第43回 『批判は代替案をもって』

最新の経営コラム

  1. 第32回 経営改善のヒントが見つかる「3つの点検」

  2. 挑戦の決断(41) 新しい国の形を求めて(徳川慶喜・上)

  3. 第58回 奥塩原新湯温泉(栃木県) 肌が生き返る!?天然の泥パック

アクセスランキング

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10

新着情報メール

日本経営合理化協会では経営コラムや教材の最新情報をいち早くお届けするメールマガジンを発信しております。ご希望の方は下記よりご登録下さい。

emailメールマガジン登録する

新着情報

  1. サービス

    65軒目 熟成牛をメインに据えたフレンチ
  2. マネジメント

    第146回 『視点を変えれば、No! からも話が始まる』
  3. 税務・会計

    第7回 新技術で、お代になる新たなサービスを確保せよ!~その①IoTの活用で、現...
  4. 健康

    第27号 やってみよう、通勤時ハッピーラッキービーム
  5. 人間学・古典

    第18講 「言志四録その18」権豪に近づきて、名を落とすべからず。
keyboard_arrow_up