menu

経営者のための最新情報

実務家・専門家
”声””文字”のコラムを毎週更新!

文字の大きさ

キーワード

第40回(切実な悩みを日常的にサポートする「知食旬菜ETSU」)

「社長の繁盛トレンド通信」

◆ 知食旬菜 ETSU


「切実な悩みを日常的にサポートする」

 

ゆったりとくつろげる店内。
糖尿病患者だけでなく、健康が気になる人たちも訪れているという

レストランの隣には食料品店が併設されている。
低カロリーの甘味料や調味料、漬け物、デザートなどが並ぶ。テイクアウト可能な寿司弁当もある

   
糖尿病食の料理教室も開催。
経験豊富な管理栄養士とシェフから、ヘルシーでおいしいレシピが学べる

なめらかプリン、ブラマンジェ、フルーツみつ 豆…。
デザートも充実している

   
自然食レストランや健康食品店の域を超えた、「ドクターズレストラン」が人気を集めている。
これは、医師や管理栄養士が監修した健康食を提供するレストランのこと。
食事を出すだけでなく、食材の販売や食生活の指導をしている店もある。

昨年7月、大阪・住之江にオープンした「知食旬菜ETSU」は、その代表格。
日本初の、「糖尿病食」専門レストランだ。
オーナーの勝田さんが糖尿病であり、糖尿病食の味気なさを実感したことから、
このアイデアを思いついたという。

糖尿病の人が安心できる食事をつくるのは、難しいものだ。
濃い味付けはもちろんのこと、糖質の含まれる米、パン、イモ類や、カロリーの高い脂分は御法度。
よほど気をつかって作らないと、体にやさしく、食べごたえのあるメニューはつくれない。

そうしたメニューを、同店では、和・洋・中合わせて、400種類も用意している。
一番人気の「煮込みハンバーグ」を始め、
ミートソーススパゲティ、海老フライ、カレーライス、アイスクリーム、フルーツパフェ…。
メニューは、普通のレストランと変わりない。
質の高い素材の旨みを生かし、コンニャクやキノコをうまく混ぜ込むことで、
風味を損なわずに、低カロリーを実現しているそうだ。
20名の管理栄養士と6名のシェフが、半年がかりで開発したという。

さらに、ウェイター・ウェイトレスは、全員が管理栄養士か栄養士の資格を持っている。
ちょっとしたアドバイスなら、自分の席で気軽に受けられるし、
専用ルームで本格的な指導も受けられる。
自宅でも糖尿病食がつくれるように、食事療法に特化した食品店や料理教室も併設している。

そんな充実したサービスが支持され、現在は、多くの糖尿病患者が訪れ、リピーターになっている。
糖尿病患者だけでなく、健康に気をつかうサラリーマンやOLも訪れているそうだ。
今では1日平均200~250人が来店している。

1日3食に気をつかう必要があるのは、糖尿病患者に限らない。
肥満、高血圧、腎臓病、アレルギー…。日本だけでも、
数千万人が何らかの悩みを抱えていることだろう。
「ETSU」のように、本格的なサポートが受けられるレストランは、
全国で需要がありそうだ。
(カデナクリエイト/杉山直隆)

◆社長の繁盛トレンドデータ◆
知食旬菜ETSU

大阪府大阪市住之江区南港北2-1-10  ATCビル・O'S北

TEL:06-6569-1345

最寄り駅:ニュートラム「トレードセンター前」駅からすぐ

URL:http://www.etsu.co.jp/

第39回(コミュニケーションツールをつくる「1chido°」)前のページ

第41回(ノウハウを披露する「コマーシャルデザインラボ」)次のページ

関連記事

  1. 第21回(時流をつかみ、ニーズを満たす)「ポポンデッタ」

  2. 第62回(「イベントを出し惜しみしない 昭和浴場」)

  3. 第46回(顧客参加型イベントを開催する「SPPINS」)

最新の経営コラム

  1. 第121回 騒音を低減して、仕事も学習も効率アップ!

  2. 第20回 新事業は社長の情熱が成功を決める

  3. 第183話 ボタンを掛け違えたM&A

アクセスランキング

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10

新着情報メール

日本経営合理化協会では経営コラムや教材の最新情報をいち早くお届けするメールマガジンを発信しております。ご希望の方は下記よりご登録下さい。

emailメールマガジン登録する

新着情報

  1. マネジメント

    逆転の発想(34) 味方にするなら権威より民心(北条早雲)
  2. 社員教育・営業

    第76回「にこやかに話す」
  3. 人間学・古典

    第35講 「言志四録その35」耳を以て人の言を聞くことなかれ。
  4. 経済・株式・資産

    第45回 零細企業乱立で、厳しい市場だからこそチャンスがある :「やまみ」
  5. 戦略・戦術

    第125話 少人数私募債は、資本性借入金です
keyboard_arrow_up