menu

経営者のための最新情報

実務家・専門家
”声””文字”のコラムを毎週更新!

文字の大きさ

仕事術

第115回 テレワークのWEB会議で集中力を高めるANCイヤホン

デジタルAVを味方に!新・仕事術

 
digital2104no1.jpg
 
【写真】ノイズキャンセリング機能 搭載完全ワイヤレスイヤホンの例: Soundcore Life Dot 2 NC
テレワークの時間が長くなり、自宅からWEB会議に参加するケースも増えてきた事でしょう。
自宅に居ながら会議ができるのは効率的と言える反面、都会型のファミリー暮らしで自室を持たない場合、家族の生活騒音が気になりがちです。特に大きな音を立てる洗濯機やヘアドライヤーは、聞き取りを妨げたり、また、その音が相手に伝わってしまったりする心配もあります。
 
そこで活用をお勧めしたいのが、ノイズキャンセリング機能を搭載したイヤホンの活用です。
そもそもノイズキャンセリング機能とは、イヤホンに搭載したマイクで周囲の騒音を拾い、”逆の音”の電気的に作り出してぶつけることで打ち消すという技術。近年は技術開発が進み、製品を選ぶと、家庭内ならエアコンなどの風切り音が聞こえないほどで、従来不得意とされてきた人の声(高い周波数の音)のキャンセリングにも効果を発揮します。
イヤホンで相手の声を聞きつつ、周囲の騒音が低減されると、内容が聞き取り易く会議も捗るでしょう。ストレスも低減されるはずです。
また、近年のノイズキャンセリングイヤホンは、マイクに対するノイズキャンセリング機能を搭載しているので、生活騒音など余計な音が相手に伝わり難いのもポイントです。
 
一口にノイズキャンセリングイヤホンといっても様々ですので、製品選びのポイントとお勧めの製品をご紹介しましょう。
 
 
■製品を選ぶ際のポイント
・「アクティブノイズキャンセリング」またはANC(Active Noise Cancelling)の表記を目印に。
・「アクティブノイズキャンセリング」の中にも、デジタルかアナログ方式が、フィード・フォワードやハイブリッドタイプといった違いがあります。原理的には、デジタル方式のハイブリッドタイプが有利と考えられますが、最終的な性能は製品の完成度によって決まります。専門家の評価や口コミ情報などを参考に判断を。
・ノイズキャンセリングヘッドホンとノイズキャンセリングイヤホンがあります。ヘッドホンは長時間使用すると蒸れが気になる場合が多いので、特にこだわりがなければ、イヤホンをお勧めします。完全ワイヤレスタイプなら、ケーブルに煩わされることもなく快適です。
・マイクの性能にも注目を。例えば、Qualcomm社のcVc8.0に対応した製品なら、周囲の騒音を大幅に低減し、自分の声を選択的に相手に届けることができます。ほか、各社が音質の向上や、騒音のさらなる低減を目指し、独自のアイデアや技術をアピールしていますので、併せてチェックを。
 
<おすすめの製品>
1. Apple AirPods Pro (実売価格3万円前後)
比較的高価ですで、ノイズキャンセリング機能の高さ、聞こえ方の自然さに定評があります。iPhoneと組み合わせると、接続設定が簡単な点で、他社製品と大きく異なります。
 
2. ソニー WF-1000XM3 (実売価格2万円前後)
独自のデジタル方式で、業界最高峰のノイズキャンセリング性能を謳っています。シチュエーションに応じた自動調整機能も魅力です。
 
3. AVIOT TE-D01m  (実売価格1万5千円前後)
通話用として⽶国Knowles社製のマイクを搭載し、高品位な音声伝達を達成。Qualcomm社のcVc8.0に対応し、声以外の騒音低減も高度。テレワークも意識した製品です。
 
3. Anker Soundcore Life Dot 2 NC (実売価格9,990円)
ハイブリッドタイプのノイズキャンセリング機能を搭載し、1万円を切る手頃な価格設定。
 

第114回 録り逃がし無し。いつでもどこでもテレビ番組視聴前のページ

第116回 オンライン会議で印象をアップする高画質術次のページ

関連記事

  1. 第88回「VR/ARに続くMRとは?」

  2. 第69回 日常とマーケティングを変える「ビーコン」とは?

  3. 第114回 録り逃がし無し。いつでもどこでもテレビ番組視聴

最新の経営コラム

  1. 第169回 「達人に学ぶ①アパホテル 元谷拓さん」

  2. 第4講 まず、担当者がお客様との正しい関係に合った対応をすること!

  3. 第19回 成長するフィンテック企業の戦略 ~ クラウドファンディング Makuake ~

アクセスランキング

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10

新着情報メール

日本経営合理化協会では経営コラムや教材の最新情報をいち早くお届けするメールマガジンを発信しております。ご希望の方は下記よりご登録下さい。

emailメールマガジン登録する

新着情報

  1. 人事・労務

    第63話 企業内管理職と労基法上の管理監督者について
  2. 戦略・戦術

    第13回 人が辞めない会社の社内ルール、社内慣習、社内表彰
  3. 経済・株式・資産

    第5話 2020年まで7%成長持続可能な3つの理由
  4. 経済・株式・資産

    第83回「今年の資産運用の展望」
  5. 社員教育・営業

    第27回 「自分の身を守る敬語表現」
keyboard_arrow_up