menu

経営者のための最新情報

実務家・専門家
”声””文字”のコラムを毎週更新!

文字の大きさ

仕事術

第117回 ステイホームを充実させるプロジェクター

デジタルAVを味方に!新・仕事術

 「ステイホーム」が定着し、家電業界ではホームエンターテイメント関連製品の販売が好調です。スポーツや音楽イベントは、観客の密を避ける観点からも、以前に増して配信を強化。テレビはもちろんですが、大画面で迫力のある映像が楽しめるプロジェクターの認知度も急速に高まっています。
プロジェクターと言えば、会議で利用する機会も多いと思いますので、おおよそ想像が付くと思いますが、映像をレンズで拡大してスクリーンや壁面などに投影する仕組み。鮮明な映像を得るためには、外光や照明など、周囲の光を少し暗く調整する必要がありますが、本体がコンパクトで、超大画面が比較的安価に実現できるというメリットがあります。
数あるプロジェクター製品の中から、今回は注目すべき新製品をご紹介しましょう。BenQの「TK700STi」です。
kou117no1.jpg 本体はA4サイズ用紙程度とコンパクトながら、最新の4K/HDR映像に対応。映像は最大3,000lmと非常に明るく、日中でも映像の内容が確認でき、日没後のリビング程度の落ち着いた照明下なら、100インチクラスの大画面も鮮明な高画質で楽しむことができます。
機能面では、Wi-Fiおよび各種映像配信に対応し、プロジェクター本体と付属リモコンのみで、YouTubeやAmazonビデオといったネット映像配信サービスを再生することができます。
ほか、PCゲーム利用時は、最大240Hz表示(信号が1080pの場合。4K映像の場合は最大120Hz表示)できる高性能も見所。4K放送の映像は60Hzで、1秒間に60枚の静止画を切り替えて表示することで動画を表現していますが、120枚、240枚と増えると、被写体の動きが滑らかになることに加え、画面全体を動くようなシーンでもカクカクしないので目が疲れにくいものです。
■さいごに
BenQはDLP方式のプロジェクターで世界ナンバーワンのシェアを誇る大手。長年に渡って、画質、品質、そしてコストパフォーマンスが評価され続けてきた結果でしょう。
今回ご紹介した「TK700STi」は、最新の機能と性能を盛り込みつつ、実売価格を20万円前後に抑えた商品企画も絶妙。リビングでのエンターテイメントからビジネス用途まで、広くお勧めできる好製品です。
自宅の壁一面に映像を映し出してスポーツ観戦すれば、会場に赴いたかのような気分が味わえるかもしれません。
【紹介した製品】
実売価格: 20万円前後

第116回 オンライン会議で印象をアップする高画質術前のページ

第118回 テレワーク時代のコミュニケーション向上に最新骨伝導ヘッドセット次のページ

関連記事

  1. 第13回「最新wifiカメラをフル活用」

  2. 第55回 技術も戦略も革新的!ソニー復活の兆し?!

  3. 第103回 リモートワーク、会社のパソコンを自宅から操作

最新の経営コラム

  1. 第121回 騒音を低減して、仕事も学習も効率アップ!

  2. 第20回 新事業は社長の情熱が成功を決める

  3. 第183話 ボタンを掛け違えたM&A

アクセスランキング

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10

新着情報メール

日本経営合理化協会では経営コラムや教材の最新情報をいち早くお届けするメールマガジンを発信しております。ご希望の方は下記よりご登録下さい。

emailメールマガジン登録する

新着情報

  1. 経済・株式・資産

    第29回 「不動産に目が利く人へ、世界REIT(不動産投資信託)という方法」
  2. 税務・会計

    第16回 社長が知っておくべき「粉飾決算を見分ける3つのコツ」
  3. キーワード

    第79回 リアルと実店舗が補完し合い、顧客満足を高める「オーマイグラス」
  4. 戦略・戦術

    第47話 「いまどき、最高益を出す企業」
  5. キーワード

    第212回 第45回東京モーターショー
keyboard_arrow_up