menu

経営者のための最新情報

実務家・専門家
”声””文字”のコラムを毎週更新!

文字の大きさ

マネジメント

万物流転する世を生き抜く(2) ローマ・カルタゴ戦争

指導者たる者かくあるべし

 紀元前三世紀の地中海世界は、イタリアのローマと北アフリカを拠点とするカルタゴが覇権を争っていた。
 
  現代に暮らすわれわれは、やがてカルタゴは歴史の舞台から姿を消し、ローマがヨーロッパの大半を勢力圏におさめ繁栄に向かうことを知っている。
 
  勝者と敗者を分けたものは何か。勝敗は偶然なのか。カルタゴのハンニバル、ローマのスキピオという二人の若き英雄の軌跡をたどってみる。
 
  海洋民族のフェニキア人を祖とするカルタゴは巧みな航海術を駆使して地中海沿岸の諸都市との交易で栄えた。
 
  対するローマは農業中心の一都市国家に過ぎなかったが、次第にその外交・軍事力によって周囲に版図を広げはじめていた。
 
  そして両者は、長靴の形をしたイタリア半島のつま先に蹴られた小石のようなシチリア島で利害が激突する。
 
  現在のチュニジアにあったカルタゴ本国は、シチリアを交易拠点としていたが、勢力を南イタリアまで拡張してきたローマは、この島へ軍を進めた。
 
  23年に及んだ海と陸での戦いの末、カルタゴは放逐され、西地中海の制海権はローマが握ることとなった(第一次ポエニ戦争、紀元前264〜241年)。
 
  海を越えての戦いならば、強力な海軍と輸送船団を有するカルタゴに分があった。無敵の重装歩兵を押し立てての陸戦の国で、海軍には縁のないローマ人は、戦いの初期に捕獲した巨大なカルタゴ戦艦を解体してそっくりな船を建造し、海戦に勝利するまでになった。
 
  必要とあれば技術でも文化でも、果ては神までも、たとえ敵からであれ異民族から貪欲に移入する柔軟さがローマ人にはあった。
 
  この戦いに敗れたカルタゴの猛将ハミルカルは本国を離れ、鉱山利権確保のためイベリア半島(スペイン)に渡る。
 
  同行を願い出た七歳の息子ハンニバルをハミルカルは、バアル神の前で「一生、ローマを敵とする」と誓わせたという。
 
  スペインで幼少期を過ごしたハンニバルは、カルタゴから海の盟主の地位を奪ったローマが、ガリア(フランス)南部に進出し、やがてスペイン沿岸に手を伸ばすに違いないとの危機感を感じるようになっていた。
 
 「祖国の国益を守るために、敵の本拠地、イタリアへ攻め入ろう」
 
  とてつもない構想がこの若者にもたげはじめていた。  (この項、次週へ続く)
 
 
 ※参考文献
 
  『ハンニバル 地中海世界の覇権をかけて』長谷川博隆著 講談社学術文庫
  『ローマ・カルタゴ百年戦争』塚原富衛著 学研M文庫
  『ローマ人の物語Ⅱ ハンニバル戦記』塩野七生著 新潮社
 
 
 
  ※当連載のご感想・ご意見はこちらへ↓
  著者/宇惠一郎 ueichi@nifty.com 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

万物流転する世を生き抜く(1) 藤沢武夫の経営観前のページ

万物流転する世を生き抜く(3) ハンニバル、アルプスを越える次のページ

関連記事

  1. 逆転の発想(12) 米びつを担う自負(渋沢栄一・続)

  2. 挑戦の決断(9)作戦目的の不徹底(ミッドウエー海戦時の日本軍)

  3. 挑戦の決断(33) 感染症に立ち向かう(上杉鷹山)

最新の経営コラム

  1. 第169回 「達人に学ぶ①アパホテル 元谷拓さん」

  2. 第4講 まず、担当者がお客様との正しい関係に合った対応をすること!

  3. 第19回 成長するフィンテック企業の戦略 ~ クラウドファンディング Makuake ~

アクセスランキング

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10

新着情報メール

日本経営合理化協会では経営コラムや教材の最新情報をいち早くお届けするメールマガジンを発信しております。ご希望の方は下記よりご登録下さい。

emailメールマガジン登録する

新着情報

  1. 経済・株式・資産

    第75話 会社が破たんする原因は資産にある(4)
  2. 経済・株式・資産

    第38回「米国・欧州・新興国のリスク要因」
  3. 不動産

    第27回 用地持込や用地紹介を営業の柱としている設計事務所では売れる物件はできな...
  4. 人間学・古典

    第24講 「言志四録その24」人主の学は、知 仁 勇 の三字にあり。
  5. 戦略・戦術

    第208号 10兆2,356億円
keyboard_arrow_up