menu

経営者のための最新情報

実務家・専門家
”声””文字”のコラムを毎週更新!

文字の大きさ

戦略・戦術

第六十三話 町工場と下請け:仲間との対話で社員のモチベーションを高める方法

中小企業の「1位づくり」戦略

社員のモチベーションを高める新たなアプローチ方法

こんにちは!

1位づくり戦略コンサルタントの佐藤 元相です。


先日、商品戦略に関連する勉強会を実施し、差別化を実現するための手段としてネーミングの重要性に焦点を当てました。商品やサービスの付加価値を向上させるために、どのようにネーミングを改善できるか、またスタッフの肩書きをどのように変革できるかについて議論しました。各社において、新たなネーミングや肩書きのアイデアを検討する取り組みを行っていただきました。


地域の町工場や下請け企業で働く社員たちにとって、モチベーションを高め、仕事に対する情熱を維持することは非常に重要なテーマです。そのために、社員たちの意欲を引き出す新たなアプローチを模索しました。そのアプローチとは、社員たちのセルフイメージを向上させることに焦点を当てるものです。今回のネーミング・肩書を検討する取り組みはその一環です。


ある印刷会社では、早速、従業員さんの肩書を付けるという取り組みを行いました。この取り組みにより、各自が自分自身を認識し、仲間との結びつきを深めることを目指しました。


社長は、自分が見ていて感じたことから肩書を付けるより、自分たちで検討してもらった方がいいと考えました。しかし、みんな肩書を考えるのは初めてのことです。よく耳にする「~のエキスパート」とか、「~の匠」などはハードルが高いという声がありました。そこで、面白おかしくやってもらっていいよ!と伝え、工場長を主体とした対話の場を設けました。


互いに特技や好きなことなどを話し合い、それを元に仲間の肩書きを考えます。これによって、社員たちは自身の価値を再確認し、仲間たちとの協力意識を強化することができます。楽しみながら肩書をつけていきました。それは、事務所にも笑い声が聞こえてくるくらい、和気藹々と取り組んでくれたと言います。

次のページこの工場で生まれたユニークな肩書とは

1

2

第六十二話 ジム会員の退会率を減らすために取り組むべきランチェスター営業戦術とは前のページ

第六十四話 下請け町工場とランチェスター戦略:失注から始まるパートナーシップ次のページ

関連セミナー・商品

  1. 佐藤元相の《何かの分野で1位になれば》必ず儲かるCD

    音声・映像

    佐藤元相の《何かの分野で1位になれば》必ず儲かるCD

関連記事

  1. 第二十四話 部下の不安や疑問の解消とやる気を引き出す第一歩とは?

  2. 第五十六話 理想の人材との人間関係を築く方法 その3

  3. 第八話 遊ぶ町工場_ヒルトップ 企業視察の着眼点

最新の経営コラム

  1. #3 一流の〈御礼状力〉-相手の行動、仕草を伝える-

  2. 第154回 リバイバル!カセットプレーヤーに注目!

  3. 第50回 生産性向上ではなく、商品力向上へ

ランキング

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10

新着情報メール

日本経営合理化協会では経営コラムや教材の最新情報をいち早くお届けするメールマガジンを発信しております。ご希望の方は下記よりご登録下さい。

emailメールマガジン登録する

新着情報

  1. コミュニケーション

    【ジューンブライド(6月の花嫁)】花嫁の父として、やっておきたいこと
  2. 戦略・戦術

    第171話 「自己資本 どうしたら増えていくか? 利益を出せばいいのか?」
  3. キーワード

    第17回 AIフェイク動画
  4. 社員教育・営業

    第22話 良い会社はあかんで!『強い会社』を創ろ!
  5. 人間学・古典

    第39講 「言志四録その39」歴代の史書を読むべし。上下数千年の事跡を羅ねて胸憶...
keyboard_arrow_up