menu

経営者のための最新情報

実務家・専門家
”声””文字”のコラムを毎週更新!

文字の大きさ

人間学・古典

第12講 「言志四録その12」
小人にして多才多芸の者あり。まさに人の国を乱るに足る。

先人の名句名言の教え 東洋思想に学ぶ経営学

【意味】
小器量の人物の才能を信じ組織(国)の権限を与えた場合には、
その人物は組織(国)を乱すだけである。



【解説】
人器と酒器。
日本酒には品の良いお猪口が似合い、ワインならば肉の薄いグラスがよいですね。
酒飲みは酒を飲む器にこだわりますが、酒器の機能は散逸する性質をもつ酒をこぼさないことにあります。
上に立つ人も部下の人心を汲み上げなければなりませんから、その人物器量を評して『人器』というわけです。

人物器量の小さい者が高い地位に就くことは、風呂の水汲みをお猪口でするようなものです。
部下を忙しく立ち回らせるだけで、成果をあげるどころか職場を混乱させる結果になってしまいます。
ですから、知恵才覚も大切ですが、地位を得た人が何よりも優先したいのは「自己の器造り」です。


2500年前の聖人孔子の思想を伝える『論語』に、舜帝・禹帝の話があります。
舜は堯とともに聖人の代表とされる中国古代伝説の五帝の一人、禹は、その舜の後を継いだ夏王朝の創始者です。
孔子は2人の政治を評して、「何と見事なことか!舜・禹が天下を治めたやり方は、何と見事か!
自ら直接政治に関与することなく、有能な部下を信頼して任せきった」と言っています。
この両帝には、「自らの治世を任せられる人物の器量」を見抜く力量が備わっていたということです。

今から400年ほど前に書かれた『呻吟語』(呂新吾著)には、第一等の人物資質を「深沈厚重」の人物、二等を
「磊落豪雄」の人物、三等は「聡明才弁」の人物つとありますが、きっと舜帝や禹帝は第一等に近い評価をされる
人物であったろうと予想できます。


人類のここ100年は、経済社会の発展とともに、世界の実業界で器量ある人々が活躍し、各国の経済を支えてきてくれました。
しかし最近は、弁が立ち頭が切れる第三等型の人物が増える傾向にあり、
マネーゲームに才のある人物が脚光を浴びるような風潮が出てきました。
産業や商業を発展させて社会を支える実業社会から、金の遣り取りだけの虚業社会に移っては、
爆発的に増える地球の人口を養っていけるかどうか心配です。


しかし、人物器量の自己修行には、昔から確固たる妙案がありませんでした。
今までの器造りは漠然としたもので、努力の成果を確認する具体的なバロメーターがなかったのです。
そのため2~3年の努力で目立った成果が確認できない人達は、途中で修行の方法に自信を失い挫折することになりました。

この自己修行の弱点を克服したのが、我々の主催します「人間学読書会」が推奨する「名言の和紙清書法」です。
読書をした後、気に入った名言を和紙に書き写すだけの修行です。

千枚、二千枚と溜まっていくにつれ、自己修行の成果に自身が湧き、
更なるレベルに向けて修行しようとする不思議な活力が生まれてきます。
ですから困難だった自己修行が10年20年と継続できるのです。

「人間学読書会」は20年続いていますが、会の運営うんぬんよりも、
会員の皆さんの「名言の和紙清書法」による自己修行の継続によるところが大きいようです。


【和紙清書法】

・「読書」には、書を読むことだけではなく、読んで書くことにも重要な意味があります。
せっかく名著のエキスに触れるわけですから、それを記憶にとどめ自らの血肉としていくために、
読んで終わりとならないような工夫をするわけです。

この「和紙清書法」は、

  (1)眼と頭を使う一般的な読書に加え、
  (2)気に入った名句名言に傍線を付し、
  (3)更にこれを和紙に清書します。
  (4)同時に、日付・氏名・年齢を記入し、
  (5)意識してその教えを生活に活用する・・・のです。


我々の体験ですと、書き上げた和紙の蓄積が自己成長に感じられ、
清書枚数が一定の壁(千枚から二千枚)を越えるとそれが生活の一部となり、読書や和紙清書が習慣化されていきます。

会員の最高の清書枚数は年間12,000枚ですが、ここまでくると本格的な修行になりますから、その効果も抜群です。


杉山巌海

第11講 「言志四録その11」自ら利を専らにすれば、怨みを取るの道たるのみ。前のページ

第13講 「言志四録その13」小利に動かされざるは難し。次のページ

関連セミナー・商品

  1. 社長の大義と実践経営

    音声・映像

    社長の大義と実践経営

  2. リーダーの心得 社長の経営洞察力篇

    音声・映像

    リーダーの心得 社長の経営洞察力篇

  3. リーダーの心得 好・不況時の社長心得篇

    音声・映像

    リーダーの心得 好・不況時の社長心得篇

関連記事

  1. 第35講 「言志四録その35」
    耳を以て人の言を聞くことなかれ。

  2. 第69講 「帝王学その19」
    隋の煬帝は、あに甲仗足らざるがために、もって滅亡にいた至りしならんや。

  3. 第121講 「論語その21」
    いまだ生を知らず、いずくんぞ死を知らん。

最新の経営コラム

  1. 破綻企業の「4つの不良」…「勝ちに不思議の勝ちあり、負けに不思議の負けなし」は経営破綻においても同じだ(第3話/全8回)

  2. 第30講 カスタマーハランスメント対策の実務策⑰

  3. 第126回 食品小売りの覇権争いは地域密着型の食品スーパーの圧勝で決着(ヤオコー)

ランキング

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10

新着情報メール

日本経営合理化協会では経営コラムや教材の最新情報をいち早くお届けするメールマガジンを発信しております。ご希望の方は下記よりご登録下さい。

emailメールマガジン登録する

新着情報

  1. キーワード

    第111回 原宿周辺のパンケーキ店行列
  2. マネジメント

    第七十八話 「知行合一」(株式会社居酒屋革命グループ)
  3. 教養

    第28回 『台湾海峡一九四九』 (著:龍應台)
  4. ビジネス見聞録

    【Gmailをお使いの方々へ】弊会からの新着情報メールや受注確認メールなどのお知...
  5. マネジメント

    第八十五話 「ま、いいか」(木村飲料株式会社)
keyboard_arrow_up