menu

経営者のための最新情報

実務家・専門家
”声””文字”のコラムを毎週更新!

文字の大きさ

ブランド

<事例―12 ストウブの「鋳物ホーロー鍋」(B2BとB2C)>プロが「ピコ・ココット」を使い、食通に知られるようになった・・それがストウブだ

酒井光雄 成功事例に学ぶ繁栄企業のブランド戦略

12.jpg

 

 ●ビストロで見かける黒い鋳物鍋
 
 気の利いたビストロなどで、蒸し野菜や煮込み料理、あるいは炊き込みご飯などを注文すると、鋳物でつくられた黒い鍋に料理が入ったままにテーブルに運ばれてくることがある。
 
 無水調理が可能なこの鍋は、日本でも著名なシェフたちの目に留まり、数多くの店舗で採用されるようになった。その黒い鋳物鍋の名は「ピコ・ココット」といい、メーカーはストウブという企業だ。
 
 普通の鍋なら数千円も出せば買えるが、ストウブの商品は直径20cmの「ピコ・ココット」の場合、並行輸入品で1万5千円から3万2千円の幅で販売されている。
 
 
 
 ●ストウブ誕生の経緯
 
 ストウブは1974年にフランスのアルザス地方でフランシス・ストウブ氏が創業した調理器具メーカーだ。この企業はフランス料理の大御所であるポール・ボキューズ氏らと共同で、プロ向けの鋳物鍋を誕生させた。
 
 当初はココット・ストウブと呼ばれていたが、これが現在のピコ・ココットの原型となっている。
 
 
 
 ●ストウブの製品特徴
 
 ストウブは1点1点砂型で成形され、型は使用後に廃棄される。職人による手づくりのため仕上がりには微妙な違いが出る。
 
 鍋の内側はザラザラとした仕上げで、汚れやくっつきしにくいように加工されている。鍋蓋の裏にはピコと呼ばれる突起が数多く施されている。
 
 これは料理を加熱すると蒸気が生まれ、その蒸気が鍋蓋に触れると液化し、食材に降り注ぐという仕組みだ。この作用により素材の持つ水分や旨みを逃がすことなく、調理できるように工夫されている。
 
 このピコの機能により、ストウブは無水調理が可能だ。
 
 
<「ストウブ」の事例に学ぶこと>
 鍋のような調理道具は買換える頻度(購入頻度)が限定され、一般的には劣化したから買換えることが多い。その一方、多くのメーカーは購入頻度が低いにもかかわらず量産化を図り、安価に販売してきた。
そのためブランド価値は長年高まらず今日に至っている。国内に鍋釜類のメーカーは数多く存在するが、世界でそのブランド力を発揮している企業はほとんど存在していない。
 
 逆にストウブは「手づくり」「高価格設定」「著名料理人との共同開発」「業務用として利用」「料理好きのこだわりアイテム」となり、その評価が次第に一般生活者にも知られるようになり、業務用と一般用の両市場を開拓し、現在の地位を獲得した。
 
 ブランド力を発揮する企業と、そうでない企業の差はどこで生まれるか。ストウブの例は顕著にその理由を教えてくれている。
 
 
《 酒井氏渾身の最新刊!》
●全史×成功事例で読む 『 マーケティング」大全』
 
《 酒井氏 好評既刊》

●価格の決定権をもつ経営

●ストーリービジョンが経営を変える

●中小企業が強いブランド力を持つ経営

<事例―11 日本農産工業の「ヨード卵・光」(B2C)>普通名詞を固有名詞に変え、卵のブランド化に成功した・・それがヨード卵・光だ前のページ

<事例―13 テンピュールの「マットレスや枕」(B2BとB2C)>快適な睡眠を初めて科学した商品・・それがテンピュールだ次のページ

関連記事

  1. <事例―15 米国高級ホテル フェアモント・コプリー・プラザ・ホテル(B2C)>盲導犬になれなかった犬をホテルの接客犬にしてブランド力を高めたホテル・・・それがフェアモント・コプリー・プラザ・ホテルだ

  2. <事例―3 ソメスサドル(B2BとB2C)>武豊が騎乗した有馬記念のディープインパクト用の鞍(くら)に採用され、洞爺湖サミットの際に参加した首脳と夫人に日本のお土産として同社のバッグが贈られた企業・・・それがソメスサドル

  3. <事例―21 森永製菓のハイチュウ(B2C)> 日本でロングセラーだった商品が、ひとりの日本人メジャーリーガーによってアメリカ市場の拡大に成功した・・・それが森永製菓のハイチュウだ

最新の経営コラム

  1. 第六十九話 内勤者の視点から生まれた成功事例~営業マンのいない町工場の業績アップの取り組み

  2. 朝礼・会議での「社長の3分間スピーチ」ネタ帳(2024年2月28日号)

  3. 第181回 ネパール本格料理ナングロガル @新宿区百人町(大久保駅)

ランキング

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10

新着情報メール

日本経営合理化協会では経営コラムや教材の最新情報をいち早くお届けするメールマガジンを発信しております。ご希望の方は下記よりご登録下さい。

emailメールマガジン登録する

新着情報

  1. キーワード

    第130回 虎の門ヒルズ
  2. 戦略・戦術

    第113話 高額退職金支払いは リスクが大きい?
  3. キーワード

    第146回 湘南T-SITE
  4. 製造業

    第153 号 多能工化のすすめ
  5. ビジネス見聞録

    社長の得する“ワンポイント”の声かけ|講師インタビュー「声かけの達人」中谷彰宏氏
keyboard_arrow_up