menu

経営者のための最新情報

実務家・専門家
”声””文字”のコラムを毎週更新!

文字の大きさ

社長業

Vol.39 外部の目線を社内に取り込む

作間信司の経営無形庵(けいえいむぎょうあん)


先週「トヨタ流経営」を指導されている酒井稔先生とメーカーH社(仙台市)の本社工場と物流センターの診断に伺った。
 
最新鋭の全自動コンピュータ倉庫をはじめ、設備投資はキッチリ行われていたが、残念ながら在庫はジワジワ増えている。
 
そこで「トヨタ流経営」で自社改革できないか?との相談で、現場診断となった。
 
酒井先生が「削減の数値目標は当然大切であるが、まず、社内に《改善が当然!》という空気を作り上げること。なおかつ改善マンが社内に何人つくれるかが最重要だ。」と、繰り返し繰り返し説いておられたのが印象的だ。
 
工場内に「5S」のカンバンは何箇所も掛けてあったが、残念ながら番地管理もできていなかった。「業務はキチンとまわっているのに・・・」と担当長は不満顔であったが、やはり、内部からの改善、改革、仕組み替えは正直難しい。
 
毎日毎日、工場を見ていると、少しぐらいのムダや汚れは風景となり、いつしか現状肯定となってしまう。少々の危機意識では、仲間を“改善・改革”という、軋轢の多い面倒な仕事には、巻き込めない。
 
外部の目線や血・遺伝子を強制的に注入しなければ、内部から社内を揺さぶることはできないし、外部の知恵やノウハウを社内に残すために「先生の思想や技術をキッチリ身体で覚えた人材」を育てることこそ“常に会社が元気な素”となる。
 
コンサルタントの手を離れてから、真価が問われる。

 

Vol.38 「事業の完成型」長々期のグランドデザインを描く前のページ

Vol.40 社長として、今、何に挑戦していますか?次のページ

関連記事

  1. Vol.157 我社にしのびよる大企業病を撃退する

  2. Vol.79 会社を、もっと強くする「魔法のコトバ」

  3. Vol.89 「社長が社員に与える「最高の報酬」とは」

最新の経営コラム

  1. 《特別対談》「すしざんまい」喜代村 社長  木村清×日本経営合理化協会 牟田學

  2. 「会社の健康を守り生産性を上げる法」/精神科医・作家 樺沢紫苑氏

  3. 第69回 奥津温泉(岡山県) 殿様が独り占めした足元湧出泉

アクセスランキング

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10

新着情報メール

日本経営合理化協会では経営コラムや教材の最新情報をいち早くお届けするメールマガジンを発信しております。ご希望の方は下記よりご登録下さい。

emailメールマガジン登録する

新着情報

  1. マネジメント

    第109回 「企業30年説」を乗り越えるために
  2. キーワード

    第23回(異発想な組合わせのアンテナショップをつくる)「ANSWER」
  3. 教養

    2018年3月
  4. マネジメント

    第17回 正社員は幸せでみんなが目指すべきだという価値観の国会議論
  5. マネジメント

    第15回 社員の幸せを考えるブレない経営とは?~事例:ケーズデンキ
keyboard_arrow_up