menu

経営者のための最新情報

実務家・専門家
”声””文字”のコラムを毎週更新!

文字の大きさ

社長業

Vol.76 「志が最強の武器」

作間信司の経営無形庵(けいえいむぎょうあん)

  先週、ついに念願の黒川温泉に行ってきました。
 
  1998年より、「行ってよかった観光地6年連続No.1」に輝いている大人気の熊本の温泉地だ。
  黒川温泉の経営哲学は「日本のふるさと」であり、温泉地全体の景観作りの改革リーダーを務められた後藤哲也氏(新明館社長)に約2時間、お話しを伺う機会を得た。
  まさに「信念の人」であった。
 
 自身の旅館の土地が狭く、悪条件を逆手にとり、裏山を「金づちとのみ1本」で掘り進み、洞窟風呂を15年の歳月をかけ作った話しや、温泉地や全旅館の庭に雑木を植える運動をしたり、旅館の看板を撤去するなど、統一コンセプト「日本のふるさと」づくりに多くの反対を押し切って実施しつづけた苦労を数々お話しいただいた。
  地域内のガードレールは全部茶かっ色に塗られており、徹底したこだわりが感じられる。
  本人によれば「黒川一の嫌われ者」で最初は誰も協力者もなく、父親までもが反対したが、「志」だけが自分を支えてくれたことを独特の熊本弁で語ってくれた。
 
  既に泊まられた方も多いと思うが、後藤氏の著書「黒川温泉のドン後藤哲也の再生の法則」を是非読まれて、もう一度泊まってみて欲しい。
  後藤社長がくり返しくり返しお話しされた「お客様にリラックスしていただけるために何ができるか。」その為には一時の売上も犠牲にしてでも守るものがあるなど、非常に勉強になった。
  後藤社長自身も、40年以上にわたり、軽井沢、高山、野沢、京都、湯布院・・・数多くの観光地を毎年訪れ、お客様の変化を注視しつづけておられる。
 
  「観光のカリスマ」はすごい努力家であった。

 

Vol.75 「将来起きる”環境変化”に、今、着手する」前のページ

Vol.77 「強い財務体質は最強の武器の一つ」次のページ

関連記事

  1. Vol.126 社長の本気度を示しつづける

  2. Vol.168 マレーシア・シンガポール弾丸視察レポート

  3. Vol.155 新年度の販売目標、売上利益計画を立てる時の落とし穴

最新の経営コラム

  1. 第169回 「達人に学ぶ①アパホテル 元谷拓さん」

  2. 第4講 まず、担当者がお客様との正しい関係に合った対応をすること!

  3. 第19回 成長するフィンテック企業の戦略 ~ クラウドファンディング Makuake ~

アクセスランキング

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10

新着情報メール

日本経営合理化協会では経営コラムや教材の最新情報をいち早くお届けするメールマガジンを発信しております。ご希望の方は下記よりご登録下さい。

emailメールマガジン登録する

新着情報

  1. 社員教育・営業

    第38話 成長課題 管理職の部下育成術(38)
  2. 人事・労務

    第72話 Sモデル社員に秘められた責任等級制のフィロソフィー
  3. 健康

    第22号 感情ボディ
  4. 社員教育・営業

    第122回 コミュニケーション上手になる仕事の進め方43 やってはいけない社員教...
  5. マネジメント

    第89回 口伝の限界
keyboard_arrow_up