menu

経営者のための最新情報

実務家・専門家
”声””文字”のコラムを毎週更新!

文字の大きさ

健康

第30号 「負ける人 VS 負けない人」

米国スポーツ・ビジネスに学ぶ心理学

年に私は5、6回日本に行く機会があります。そして日本に行くと必ず立ち寄る場所があります。
それは本屋さんです。

なぜ本屋かといいますと、本屋とはその国のタイムリーな風潮を短時間に学べる格好の場所だからです。

本屋でのベストセラーコーナーを見れば今現在、何か流行しているのか?
その国で何が求められ、どの様なニーズがあるのかが一瞬にして見る事ができます。

そこで気が付いた事なのですが数年前から"勝ち組の○○"や"負け組にならない為の○○"などと
頭に'勝ち、負け'の言葉が使われているタイトルが増えてきました。
内容についてはここでは触れませんが、一体何をもって勝ち、負けを判断しているのかが?が
非常に気になるところです。

我々はこの"勝ち、負け"についてしっかりとした自分のルールを持っているでしょうか?
そしてそのルールは自分の力となるルールでしょうか?それとも自分の足を引っ張るルールでしょうか?

多くの人が"拒絶"されたり"批判"されたり、あるいはある特定の場面で望んだ結果が得られなかったが故に
'負け'というルールを自分自身に適用しているようです。

この様な厳しいルールを自分に課している人は最終的には前向きな姿勢を持って挑戦する事がなくなります。
なぜなら誰もが'負け'たくないからです。

負けない1番確実な方法とは挑戦をしないことです。

しかし、この発想はやがて危険なものへと発展していきます。

ところで何をもって我々は'成功'とし何をもって'失敗'というルールを決めたのでしょうか?
おそらく自分で意識してルールを決めた記憶のある方はいないでしょう。
個々が持っているルールは昔、昔、自分の意志とは関係なく何らかの形で(多くは親、先生、友達)によって
インプットされたものです。

もちろん他人にインプットされたもの全てが悪いのではありませんが、もし、そのルールが自分に
プラスになっていないのであれば変えるべきでしょう。望んだ結果がでない=負けというルールから
たとえ自分の望んだ結果が出なくても何かを学ぶ=勝ち、というルールに変更するのです。

このルールを適用できれば自分に学ぶ姿勢がある限り絶対に負けはなくなります。
絶対に負けないと分かると脳は嬉しさのあまりもっとチャレンジしようとします。
ゆえに正しいルールを持っている人は絶対に負けないのです。

第29号 「正しいイメージ VS 間違ったイメージ 後半」前のページ

第31号 「信じる力 VS 疑う力」次のページ

関連セミナー・商品

  1. 成功から学ぶ「メンタル強化プログラム」

    音声・映像

    成功から学ぶ「メンタル強化プログラム」

  2. 松本進の「海外で一人立ちし、天職に出逢う」

    音声・映像

    松本進の「海外で一人立ちし、天職に出逢う」

  3. 最高の決断トレーニングCD版・ダウンロード版

    音声・映像

    最高の決断トレーニングCD版・ダウンロード版

関連記事

  1. 第54号「アメリカ高速道路で学ぶ”パターンを知っている人達”」

  2. 第41号 「タイガーウッズ 復活のメンタリティー」

  3. 第31号 「信じる力 VS 疑う力」

最新の経営コラム

  1. 《特別対談》「すしざんまい」喜代村 社長  木村清×日本経営合理化協会 牟田學

  2. 「会社の健康を守り生産性を上げる法」/精神科医・作家 樺沢紫苑氏

  3. 第69回 奥津温泉(岡山県) 殿様が独り占めした足元湧出泉

アクセスランキング

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10

新着情報メール

日本経営合理化協会では経営コラムや教材の最新情報をいち早くお届けするメールマガジンを発信しております。ご希望の方は下記よりご登録下さい。

emailメールマガジン登録する

新着情報

  1. 後継者

    第45回 資産やビジネスを相続したアメリカの女性たち その1
  2. マネジメント

    逆転の発想(36) 屈服時にこそ胆力を見せろ(伊達政宗)
  3. キーワード

    第98回 カタログギフト最大手「リンベル」の《次世代マーケット創造戦略》~...
  4. 教養

    第52回 『日本語を作った男 上田万年とその時代』 (著:山口謠司)
  5. 人間学・古典

    第1回 「十八史略」は社長の必須図書
keyboard_arrow_up