menu

経営者のための最新情報

実務家・専門家
”声””文字”のコラムを毎週更新!

文字の大きさ

社員教育・営業

第33回 「ルールの前に姿勢あり」

デキル社員に育てる! 社員教育の決め手

「魅力ある電話応対とは」
◆「ルールの前に姿勢あり」◆


_honbun「時は金なり」という言葉があります。
自分の仕事のことでは、この言葉を実行していますが、
電話応対になると、時間の大切さをすっかり忘れてしまう人を見かけます。

以前、ある会社にお伺いしていたら、電話がかかってきました。
取次ぎ時間が長い。明らかに待たせ過ぎでした。時計で思わず計ってみたら1分22秒。
見ている私がハラハラしているのだから、かけ手の方は電話口の向こうでイライラしているはずでしょう。

やっと名指しの本人が出ているところで、その取次ぎの方が、別件の電話をかけました。
すると、面白いもので立場が逆転して、その人が、待たされているではありませんか。
待つこと2分19秒。1分22秒どころではありません。


どうしてそんなに待たされるのでしょうか。
電話は視覚に訴えられないので、どうしても急ぐことを忘れがちになってしまう。
ここがビジネス電話応対マナーの弱いところなのです。

ぜひ、取次ぎの時には1秒の大切さを心がけて、手順よく動いて欲しいものです。
何もかも便利になっている時代です。電話応対では1分以上待たせない心がけをいたしましょう。

取り次ぐだけでは、いくら感じよく応対ができていても、結果的にはお客様の印象は決して良くなりません。
マニュアルやルールとしてできた応対でも、その前に姿勢として相手を待たせないことを実行しなくてはなりません。

第32回 「電話応対中のマナー」前のページ

第34回 「自分の声の特徴を知る」次のページ

関連記事

  1. 第133回 コミュニケーション上手になる仕事の進め方54「個々のスキルにばらつきがある場合の社内研修の仕方」

  2. 第67回「コミュニケーションが役立つ場面」

  3. 第159回コミュニケーション上手になる仕事の進め方81「仕事の一部ではなく、頭から終わりまでの経験をさせる」

最新の経営コラム

  1. 第183回 菊寿司 @福島県相馬市原釜 ~地魚主体の握り

  2. 第七十一話_禁断の組み合わせから地域活性化へ - 和歌山県田辺市のうなぎ販売展の革新的ビジネスモデル

  3. 第179回 米国に制裁されても反米しない華為

ランキング

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10

新着情報メール

日本経営合理化協会では経営コラムや教材の最新情報をいち早くお届けするメールマガジンを発信しております。ご希望の方は下記よりご登録下さい。

emailメールマガジン登録する

新着情報

  1. マネジメント

    危機を乗り越える知恵(10)チャーチルの準備された楽天主義
  2. ブランド

    <事例―17 ミツカンの納豆「金のつぶ」シリーズ(B2C)>皆が諦めていた要素を...
  3. 人事・労務

    第18話 テレワーク業務を評価するにあたっての課題と対応
  4. キーワード

    第35回(気軽に学べる場をつくる)「盆さいや」
  5. キーワード

    第39回 鉄道と大自然の町の《地域元気化》が出発進行! ~PFIによる全国初の...
keyboard_arrow_up