menu

経営者のための最新情報

実務家・専門家
”声””文字”のコラムを毎週更新!

文字の大きさ

健康

第64号「ゴールセティングの期限切れ」

米国スポーツ・ビジネスに学ぶ心理学

この時期になりますと(3月)お正月に立てたゴール(目標)も大方の人は忘れてしまうようです。データによりますと90%以上の人がこの時期には既にお正月に立てたゴールさえ覚えていないのです。

なぜ、あれだけ燃え上がって心から“今年はダイエットする!”“今年は禁煙”などなど…色々なことを本心から誓ったはずなのに、燃え上がる感情がどこかにいってしまうのか? 

それはゴールを立てるときの動機と大きく関係します。

どの様なことかと申しますと“~をやめる”“~の誘惑を断つ”などは本人にとって魅力的なことではありません。「~を止める、~を諦める」といったことに興奮する人などいません。唯一このモチベーションを維持させる力があるとしたら、それは意思の力だけです。意思の力で長期にわたってモチベーションを維持することはとても難しいのです。

反対に、自分が欲しくて、欲しくてたまらないもの「が得れる」と思って行動を起こすとなれば話はまったく別です。アメリカではこれをPush(押す) VS Pull(引く)と表現します。片方は意思の力によって頑張って動かそうとするのに対し、もう片方は自分の望んでいる方向に引っ張られてしまうということを表現しているものです。

この違いお分り頂けますでしょうか?

偉大な記録や業績を達成して来た人達の裏には必ずこのPull(引っ張られる)が存在することが分かります。Push(意思)のみの力で進もうとすると状況が悪くなってくると簡単に諦めてしまいます。これに対しPullは自分に得や、報酬が(自分にとって)貰えると思っているのですから四六時中このことを考えてしまいます。

結果、気がつけばそちらの方向に引っ張られる、別な言い方をすれば引き寄せられていってしまうわけです。

ですから何かゴールを立てる時、「~を止める、~を諦める」と考えるのでなく「~を得られる」といった自分への報酬をイメージしましょう。この報酬を考える時は楽しく、故にお正月に立てるゴールも3月で終わることはありません。その時に我々の最大の武器「Pullの力」を使うことができるからです!

第63号「日本人が世界で輝いてきた理由」前のページ

第65号「世界No.1プレイヤーが待たされていた」次のページ

関連記事

  1. 第80号錦織選手が変えた日本人の「Belief System 」 

  2. 第8号 「なぜルーティーンにこだわるのか」

  3. 第35号 「失敗VS失敗した人」

最新の経営コラム

  1. 第169回 「達人に学ぶ①アパホテル 元谷拓さん」

  2. 第4講 まず、担当者がお客様との正しい関係に合った対応をすること!

  3. 第19回 成長するフィンテック企業の戦略 ~ クラウドファンディング Makuake ~

アクセスランキング

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10

新着情報メール

日本経営合理化協会では経営コラムや教材の最新情報をいち早くお届けするメールマガジンを発信しております。ご希望の方は下記よりご登録下さい。

emailメールマガジン登録する

新着情報

  1. 社員教育・営業

    第3講 お客様の声を神の声にできるかできないかは企業しだい
  2. 人間学・古典

    第20講 「言志四録その20」立志の功は、恥を知るを以て要と為す。
  3. 人間学・古典

    第6話 「真の国際化とは…」
  4. コミュニケーション

    第4回 一筆箋からはじめよう! メールを書くように文字をつづる
  5. マネジメント

    第155回 商品・サービスの名前を変えてみる
keyboard_arrow_up