menu

経営者のための最新情報

実務家・専門家
”声””文字”のコラムを毎週更新!

文字の大きさ

健康

第59号「努力」

米国スポーツ・ビジネスに学ぶ心理学

とてもストレートな題名ですが先日、上原浩治選手のトレーナーをしている友人と食事をする機会がありました。

今回オリオールズから突然のトレードでテキサスレンジャーズに移籍したわけですが、内情を聞くと、本当に本人達にも移動の途中で移籍を知らされたらしく荷づくりも何もする間もなくテキサスレンジャーズに合流して大事な試合を任されているそうです。この様なことが頻繁に起こるメジャーリーグでは本当の意味でメンタルがタフでないとやっていけないと思います。

さて、そのトレーナーの友人に新しく移籍したテキサスレンジャーズの様子を聞くと“とにかく練習をする”という印象だったようです。これほど強いチームなのですが、やはり強いチームになるほど練習するのは事実なのです。

なぜか多くの日本人はアメリカのスポーツ界は「練習をしない」という印象を持っている人が多いようですが、それは全くの誤解です。

テキサスレンジャーズの話し然り、ゴルフ界でも全盛期のタイガーウッズの1日のスケジュールなどを見ると“こんなにやるの?”というほど練習をしていました。

もちろん練習のクオリティーを問われる部分もありますが、それでも決して努力なしに何かコツなどで成功することなどありません。

今日、この努力という言葉がとても古臭い言葉にきこえてしまうかもしれませんが、努力というよりも自分のゴール達成の為にできることを限界までやりぬくことが必要であることは揺るぎのない事実です。

これを努力と呼ぶのか、プロセスと呼ぶか人によって違うかもしれませんが、何にしても「今日の自分よりも進化したい」という思い+アクションがなければ進化が期待できないのはスポーツでもビジネスでも全く同じ原理です。

本日、皆さんは如何でしょうか?

色々な意味で今年は大変な思いをしている人がたくさんいます。不景気、震災の影響はいたるところに存在します。

しかし今一度、環境の話は横に置いて考えてみましょう。今の自分はこれ以上のないベストのアクションを取っているでしょうか?私自身も含め、この質問にYesと答えられる人はいないと思います。ということは今現在、たとえどんな状況にいたとしても進歩するエリアが存在するという揺るぎのない証拠です。

その進歩の為には古臭いかもしれませんがやはり「努力」が必要なのです。

第58号「最後までイメージしていた なでしこジャパン」前のページ

第60号「ジャパンオープン優勝(メンタルの姿勢)」次のページ

関連セミナー・商品

  1. 成功から学ぶ「メンタル強化プログラム」

    音声・映像

    成功から学ぶ「メンタル強化プログラム」

  2. 松本進の「海外で一人立ちし、天職に出逢う」

    音声・映像

    松本進の「海外で一人立ちし、天職に出逢う」

  3. 最高の決断トレーニングCD版・ダウンロード版

    音声・映像

    最高の決断トレーニングCD版・ダウンロード版

関連記事

  1. 第48号 「世界No.1の姿勢」

  2. 第69号「オンラインレッスン」

  3. 第70号「体罰なしの指導でも強くなる」

最新の経営コラム

  1. 第7回 新規の売り物・売り先が10%以上占めており、売上総利益を落とさない会社

  2. 第24話 政府が推進する「人的資本経営」と中小企業の人事戦略

  3. 第253回 社長の一問一答「男性社員の育児休暇取得について」

ランキング

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10

新着情報メール

日本経営合理化協会では経営コラムや教材の最新情報をいち早くお届けするメールマガジンを発信しております。ご希望の方は下記よりご登録下さい。

emailメールマガジン登録する

新着情報

  1. 戦略・戦術

    第19回 「トップの急死、その時の行動で、生き残りが決まる!?」
  2. 戦略・戦術

    第182回 銀行提案の資本性劣後ローンにだまされるな
  3. マネジメント

    第六十七話 「間違ったことをするな」(ブレイン)
  4. 戦略・戦術

    第十二話_ストーリーチラシで選ばれる存在になる
  5. マネジメント

    組織を動かす力(6)個人が主張できる環境
keyboard_arrow_up