menu

経営者のための最新情報

実務家・専門家
”声””文字”のコラムを毎週更新!

文字の大きさ

健康

第63号「日本人が世界で輝いてきた理由」

米国スポーツ・ビジネスに学ぶ心理学

最近さまざまなスポーツで世界での日本人の活躍が目につくようになってきました。

以前はビジネスでは世界的な活躍があってもスポーツとなると、たとえどんなに国内で無敵であっても世界にいくと・・・・・という残念シーンを何度も見てきました。

ところが最近ではサッカー、メジャーリーグ、ゴルフ、テニスなどでの日本人選手の活躍は目覚ましいものがあります。

なぜ最近の日本人選手は活躍できるようになってきたのでしょうか?肉体の進歩、メンタル、技術?

私は日本人が自分のやり方を世界で主張出来るようになってきたからだと思います。

それこそ一昔は何でも外国(特にアメリカ)のやり方が正しいとされ、外国にいくと自分のスタイルに自信が持てなくなってしまい結果、相手を実態よりも大きく評価し、自分を過小評価しすぎてしまう傾向がありました。

そして自分のスタイルを崩し、全く慣れない外国人スタイルを取り入れようとしすぎた結果、海外ではなかなか活躍できなかったと思います。

ところが“自分達には自分達のやり方がある!”と確信を持てるようになってから変化が見られるようになりました。

自分のスタイルを保ちつつも、相手のいいところを必要であれば吸収していく形、つまりは「いいところ取り」がベストなやりかたです。

たとえば、考え方やイメージの使い方はやはり海外(特にアメリカ)が進んでいると思いますが、体のコンディションやメニューの組み方までマネしたらやはり問題があります。

いい例がメジャーリーグガーです。彼らのキャンプメニューは日本と比べたらとても軽いものです。それこそ午前中軽いメニューをこなしたら、午後はゴルフをする、などといった話はいくらでも聞いたことがあります。

しかしこの様なスタイルを日本人が取り入れたら日本人が1年間体を壊さずにプレーしてく理想のメニューではないでしょう。

根本的に肉体の強さ、スタミナが違うのですから、その点を理解せずにマネしたら痛い目に会います。

この話と同様に我々にも何かにつけ、合うやり方と、合わないやり方、またあう考え方、あわない考え方があります。

何が正しいか?という固定概念よりも何が自分に合うのか?をしっかりと見極めてスタイルを確立させましょう。それが最も自分が輝ける道です!

第62号「有効な時間 短時間の方がフォーカスできる不思議」前のページ

第64号「ゴールセティングの期限切れ」次のページ

関連記事

  1. 第68号「Try again 再挑戦!」

  2. 第85号 携帯にアンカーリングされていませんか?

  3. 第30号 「負ける人 VS 負けない人」

最新の経営コラム

  1. 第183話 ボタンを掛け違えたM&A

  2. 第153話 さとう@川崎市☆新百合ヶ丘 ~地域密着でがんばる凄い海鮮ちらしの寿司屋

  3. 第195回 BCP(ビジネス・コンティニュー・プラン=事業継続計画)について

アクセスランキング

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10

新着情報メール

日本経営合理化協会では経営コラムや教材の最新情報をいち早くお届けするメールマガジンを発信しております。ご希望の方は下記よりご登録下さい。

emailメールマガジン登録する

新着情報

  1. マネジメント

    万物流転する世を生き抜く(36) 日本国第一の大天狗
  2. 人間学・古典

    第118講 「論語その18」 博く学びて、篤く志し、切に問いて近くに思う。...
  3. 人間学・古典

    第20人目 「ペリクレス」
  4. 社員教育・営業

    第31話 成長課題 管理職の部下育成術(31)
  5. キーワード

    第192回 広島三越
keyboard_arrow_up