menu

経営者のための最新情報

実務家・専門家
”声””文字”のコラムを毎週更新!

文字の大きさ

健康

第9号 「書初め」  

米国スポーツ・ビジネスに学ぶ心理学

 
明けまして、おめでとうございます。本年もよろしくお願いいたします。

さて、今回のお題は新年ということで書初めです。

実際に昔のように墨汁と筆を使って書く人は減ったかもしれませんが、ペン、パソコンなどを使って新年の目標などを
書き出す人は今でもたくさんいる事でしょう。これはアメリカでも同じです。

しかし残念ながら多くの人が毎年新年に立てた目標を達成する事はありません。

これには明白な理由が2つあります。

(1) 目標達成の計画の立て方が分からない 
(2) 目標を立てた後 何もしない 

そして何と95%の人が(2)なのです。

なぜ何もしないかというと、これは(1)にもつながる事なのですが、計画を立てている段階から明確な方法が
分からず、本来目標を立てる事から得られる利点を全く活用できずに終わってしまうのです。

それは単なるスローガンです。
そして2007年新年に同じ事を繰り返すのです(笑)

目標を達成させる為に明確にしなければならないポイントが3つあります

(1) 何が欲しいのか?
(2) どうやったら獲得できるのか?
(3) どうしたらこの気持ちを持続させられるか?

目標自体を'旅行'に置き換えてみると分かりやすいと思います。
もちろん、どの方法で、どの旅館がベストで、料金は何処が安くて、食べ物は何が美味しくて、などさまざまな
枝葉のものはありますが、まず最初に、'何処に行きたいのか?''どうやって行けるのか?'が明白でなければ
なりません。

(3)に関しては旅行となれば問題ないと思います。この思いはますます自然と強くなっていくでしょう。

我々のスクールセミナーの中でも、もちろん目標を書き出しますが、意外と難しい作業となる場合が多いのです。
なぜなら今まで意識してやった事がないからです。ですが時間をかけても目標設定は行います。

それらは非常に具体的なものです。
この具体性に欠ける時、せっかくの誓いの効力はうんと落ちてしまいます。

(3) に関してセミナーでは、なぜこれだけ分かっている事を多くの人が実行できないのかを人間の神経の
メカニズムを利用して行いますが、ここでは全て説明しきれないので別の機会にてご紹介したいと思います。

では(1)に戻りましょう。

(1) 本当に何が欲しか考えてください。 

たくさんお金が欲しいなどの抽象的な表現では不十分ですいくら、欲しいのか?何の為に欲しいのか?まで
考えて下さい。この理由を明確にすることがポイントとなります。

なぜなら、人は福沢諭吉が印刷された紙が欲しいのではありません。
その紙から得られるものが本当の目的だからです。

あなたが心から本当に欲しいと思ったものは潜在意識にも認識させられます。
例えばあなたが"現金1億円貯める"と本当に心に決断した時から新聞、テレビ、インターネット、はたまた広告に
いたるところまで、今までは聞き流していたものでも"1億円"という言葉が関わった瞬間から、あなたの
潜在センサーのスイッチ作動し、それにまつわる情報を得ようとするのです。

ですから、何が欲しいか明確にすること、それを信じる事は非常に大切なプロセスなのです。

 ですから皆さんが自分の成功を信じても、信じなくとも、どちらとも必ず当たるのです。
どちらを選択し自分の心に書初めするかは自分次第です。

ペン、パソコンなどを使って新年の目標などを書き出す人は今でもたくさんいる事でしょう。

第8号 「なぜルーティーンにこだわるのか」前のページ

第10号 「山彦」  次のページ

関連記事

  1. 第24号 「意味付けが上手な人VS 意味付けが下手な人]

  2. 第96号 飛行機に乗り遅れた!!

  3. 第48号 「世界No.1の姿勢」

最新の経営コラム

  1. 第121回 騒音を低減して、仕事も学習も効率アップ!

  2. 第20回 新事業は社長の情熱が成功を決める

  3. 第183話 ボタンを掛け違えたM&A

アクセスランキング

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10

新着情報メール

日本経営合理化協会では経営コラムや教材の最新情報をいち早くお届けするメールマガジンを発信しております。ご希望の方は下記よりご登録下さい。

emailメールマガジン登録する

新着情報

  1. 社長業

    Vol.75 「将来起きる”環境変化”に、今、着手する」
  2. 社員教育・営業

    第125回 コミュニケーション上手になる仕事の進め方46「採用と社員教育Ⅱ」
  3. マネジメント

    第49回 『正しい評価法』
  4. 健康

    第86号 教え上手と教え下手
  5. サービス

    35軒目 世界に寿司を広める寿司屋
keyboard_arrow_up