menu

経営者のための最新情報

実務家・専門家
”声””文字”のコラムを毎週更新!

文字の大きさ

戦略・戦術

第255号 店舗数が逆転した「無印良品」の海外戦略

社長のための“儲かる通販”戦略視点

 ご存知の通り、私は中国やASEANに出向くことが多いので、様々な日本企業の出店を見かけるが、その中でもひと際よく目にするのが「MUJI」の看板である。「こんな地方都市のショッピングモールにも出店しているのか!」と、たびたび驚かされている。
 
 その「MUJI:無印良品」は、昨年、ついに海外店舗数が423店と国内店舗を初めて逆転した。中国の200店超えを筆頭に、ヨーロッパ・アメリカ・アジア各地に出店しており、近年ではASEANで出店攻勢を強めている。海外事業の要となる中国店舗の営業収益は、550億円と全グループの16%を占め、中国を含める東アジア地域においては、4割を稼ぎ出している。このように無印良品は、ユニクロ同様に海外でも稼げる小売りに成長し、着実に業績を伸ばしているわけだ。
 
 さらに、中国での「MUJI」人気と知名度を生かし、今年1月18日、中国・深圳市に世界初の無印良品のホテル「MUJI HOTEL SHENZHEN」を開業した。この深圳に続き、3月20日には中国・北京、2019年春には東京・銀座での開業を予定している。現業との親和性が高いホテル事業とはいえ、新規事業を日本ではなく中国からスタートさせたことに、中国市場に対する自信と世界戦略の方向性がみてとれる。
 
 とはいえ、無印良品の中国進出は1991年。今から27年も前のことで、決して順調に拡大してきたわけではない。一時期は香港撤退という苦い経験もあり、現在の海外事業の成功は、数々の失敗を糧に掴み取ったものである。中国人は、派手好みと言われていたが、シンプルさと自然志向を追求している無印良品は、香港から人気に火がつき、中国全土に波及していった。
 
 商品の世界観を伝えることに長け、ローカライズと仕組み作りを徹底して行っている無印良品。小売業にとどまらない今後の海外戦略に注目していきたい。
 
 
 
 
書籍 白川博司著 『中国通販成功マニュアル』 好評発売中

第254号 291兆170億円前のページ

第256号 6兆7000億円次のページ

関連記事

  1. 第148号 美味しくなければ、代金は返金します

  2. 第206号 拡大する「生活サポートビジネス」市場

  3. 第272号 5億円

最新の経営コラム

  1. 第169回 「達人に学ぶ①アパホテル 元谷拓さん」

  2. 第4講 まず、担当者がお客様との正しい関係に合った対応をすること!

  3. 第19回 成長するフィンテック企業の戦略 ~ クラウドファンディング Makuake ~

アクセスランキング

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10

新着情報メール

日本経営合理化協会では経営コラムや教材の最新情報をいち早くお届けするメールマガジンを発信しております。ご希望の方は下記よりご登録下さい。

emailメールマガジン登録する

新着情報

  1. 税務・会計

    第32号 不正が起きる環境
  2. 税務・会計

    第23回 短期借入金が、やたらと多すぎることはないですか?銀行支店長に仕組まれた...
  3. 健康

    第42号 「アメリカのカーディーラー事情」
  4. マネジメント

    第197回 『空気に爪をたてる』
  5. 経済・株式・資産

    第34話 「秘密選挙」の結果から見た中国の党大会人事
keyboard_arrow_up