menu

経営者のための最新情報

実務家・専門家
”声””文字”のコラムを毎週更新!

文字の大きさ

戦略・戦術

第200号 ネット注文商品の『店頭受け取り』

社長のための“儲かる通販”戦略視点

 アマゾンや楽天ブックス、セブン&アイホールディングス、ディノス、タワーレコードなどでは、ネットで注文した商品をその日のうちにコンビニや量販店で受け取ることができる『店頭受け取り』システムを本格化させている。
 
 アマゾンジャパンは、ローソン、ファミリーマートに加えて、ミニストップ、ヤマト運輸の営業所とも新たに提携し、商品を受け取れる店舗を順次増やしている。
 
 また、セブン&アイホールディングスでは、グループのスーパー、デパートなどで扱っている商品をネット注文すると、当日、セブンイレブンで受け取れるシステムを導入するなど、オムニチャネル化を推し進めている。
 
 元々、コンビニ受け取りサービスは、以前から様々なネットショップが時代のニーズを先取りした形で行なっていたが、2013 年には中止する企業が相次いでいた。
 
 だが、店頭受け取りを選択するユーザーの増加と、同業他社との差別化を図る意味合いから、再びこのサービスを再開するネットショップが出始めている。
 
 この動きに呼応するように、JR 東日本でも、ネットで注文してエキナカのお店でも受け取れるEC サービス「ネットでエキナカ」を昨年11 月にオープンした。
 
 これは、2016 年3 月末までの期間限定で行っているテストマーケティングだが、販売状況を見ながら事業の本格化を判断する考えだ。
 
 このように、通勤や帰宅途中に商品を受け取りたいという需要は確実に増えている。
 
 「できるだけ早く商品を手にしたい」「自分の都合に合わせて商品を受け取りたい」と考えているネットユーザーは増加しており、時代のニーズをとらえた通販サービスが、ますます重要になってきている。
 
 
書籍 白川博司著 『通販成功マニュアル』 好評発売中
 
書籍 白川博司著 『中国通販成功マニュアル』 好評発売中

第199号 急増する偽サイト前のページ

第201号 業務の自動化とCRM戦略次のページ

関連記事

  1. 第204号 通販チャネルを強化する大手百貨店の経営戦略

  2. 第146号 101,900円

  3. 第236号 地方企業こそ、協業と公的支援の活用を

最新の経営コラム

  1. 第23回「他者志向と自己犠牲」

  2. 第137回  広角レンズ替わり?スマホカメラ裏技

  3. 第132回『エンニオ・モリコーネ 映画音楽術』(著:ジュゼッペ・トルナトーレ)

ランキング

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10

新着情報メール

日本経営合理化協会では経営コラムや教材の最新情報をいち早くお届けするメールマガジンを発信しております。ご希望の方は下記よりご登録下さい。

emailメールマガジン登録する

新着情報

  1. 税務・会計

    第8号 連結バランスシートが実質的債務超過だと再建困難
  2. マネジメント

    第206回 「虎」年~大人虎変、為虎添翼、雲竜風虎~
  3. 社員教育・営業

    第7講 クレーム対応担当者が「申し訳ございません」を言うたびに、お客様はいらだつ
  4. サービス

    45軒目 様・様 玉鉾店
  5. 製造業

    第303号 モノの捨て方で経営を改善したB社の事例
keyboard_arrow_up