menu

経営者のための最新情報

実務家・専門家
”声””文字”のコラムを毎週更新!

文字の大きさ

社員教育・営業

第7講 成功するクレーム対応の心構えは 『誠意・ていねい・親切』よりも『主導権をとる』

クレーム対応 実践マニュアル

クレーム対応に直面した担当者にいつも求められている心構えは、
『誠意をもって』『相手の身になって』『ていねいで親切』にというキーワード。

でも
『これらのキーワードはもう耳にたこができるほど聞かされてきました!』
と担当者のあなたは言いたいでしょうし、
『これらのキーワードを実践してきたけどうまくいった実感がありません!』
と声を張り上げたいのが本音のところではありませんか?


『誠意をもって』やればやるほど相手は付け上がる、
『相手の身に』なったところでできる対応の限度は決められているので結果的には
『ていねいで親切』な対応だと満足してもらえることが少ない。

というのが担当者の本音であり、結局得策が見つからないというジレンマに苦しんでいるのが現実だと思います。


だからと言って『誠意をもって』『相手の身になって』『ていねいで親切』にという心構えは
忘れてはいけませんが、その前に担当者に最も必要なのは『主導権』をもつことなのです。

そもそも、自社の製品を買ってくださったお客様に満足を与えられなかった心苦しさから
担当者のあなたは、『叱られてもしかたがない立場』だとあきらめていませんか?


そのせいで、声も弱弱しく、言葉も短めで、消極的な態度で会話をすることが好ましいと勘違いしていませんか?
その頼りなさに、気配りのなさに、汗のかかなさが相手の次の怒りにバトンを渡していることを知っていますか?


『消費者』と『企業』の関係性は、『企業』のほうに主導権が備わっているほうが順調に自体は運びます。
なぜなら、『企業』のほうが『商品知識』や『商品に関する情報』『法律』『消費者動向』『クレーム対応の失敗事例と成功事例』
などの引き出しをたくさん持っているはずだからです。

つまりは、引き出しの多いほうが、引き出しの少ない人の考えをくみとって、
どの引き出しを開けるのが好ましいのかの判断をすることが、間違いのない結果に到達する可能性が高いのです。

でも、『うちの会社は、引きだしじたいが少ない』ということならそれは、
『勉強不足』と『社外活動不足』に蝕まれている結果ですから、
もともとクレーム対応を成功させることじたいが困難なわけで、
遅ればせながら『勉強』と『活動』を続けることをお薦めします。


                                        中村友妃子          

第6講 『顧客感動』なくして『顧客満足なし』前のページ

第8講 クレーム対応はあなたの最初の話の聞き方、話し方で明暗は分かれる次のページ

関連セミナー・商品

  1. 月刊CD経営塾バックナンバー 2016年5月号

    音声・映像

    月刊CD経営塾バックナンバー 2016年5月号

  2. 「女性リーダー養成プログラム」ネット配信講座

    音声・映像

    「女性リーダー養成プログラム」ネット配信講座

  3. 製品・サービス別クレーム対応《家電・携帯電話篇》

    音声・映像

    製品・サービス別クレーム対応《家電・携帯電話篇》

関連記事

  1. 第9講 親身対応の5つの手順

  2. 第36講 事例を使ってクレーム対応の間違いと、最善の対応を学ぶ(5)
    ~10日ほど前、遠方の知人宅に行くのに、あなたのお店の果物を買って持って行った。その知人からその果物にカビが生えていて食べれなかったと連絡があったのできのう、お詫びに行って来た~

  3. 第51講 事例を使ってクレーム対応の間違いと、最善の対応を学ぶ  筆者体験事例(4)

最新の経営コラム

  1. 《特別対談》「すしざんまい」喜代村 社長  木村清×日本経営合理化協会 牟田學

  2. 「会社の健康を守り生産性を上げる法」/精神科医・作家 樺沢紫苑氏

  3. 第69回 奥津温泉(岡山県) 殿様が独り占めした足元湧出泉

アクセスランキング

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10

新着情報メール

日本経営合理化協会では経営コラムや教材の最新情報をいち早くお届けするメールマガジンを発信しております。ご希望の方は下記よりご登録下さい。

emailメールマガジン登録する

新着情報

  1. マネジメント

    第194回 『会社と屏風(びょうぶ)は、広げすぎると倒れてしまう』
  2. 人間学・古典

    第26回 法を守らせるには 公孫鞅の改革
  3. 不動産

    第88回 「 LD 」「 洋室 」「 和室 」等全ての「 居室 」をエアコン設置...
  4. マネジメント

    交渉力を備えよ(39) 予算の裏付けのない妥協はない
  5. マネジメント

    逆転の発想(27) 戦場で負けても政治で勝てる(豊臣秀吉)
keyboard_arrow_up