menu

経営者のための最新情報

実務家・専門家
”声””文字”のコラムを毎週更新!

文字の大きさ

教養

第38回 『変わるしかなかった。』 (著:野村謙二郎)

眼と耳で楽しむ読書術

春の声が聞こえてきましたね。
新年度、新学期など、新たな始まりが山積みのこの時期、
プロ野球も開幕です。
 
個人的には注目しているのは、広島カープ!
 
資金に乏しい市民球団ということもあってか、
主力選手の流出が続き、長く低迷を続けましたが、
若手選手の成長もあって、2年連続のAクラス入り。
 
いよいよ今年こそ優勝か!?
という機運が高まっています。
 
しかし、当コラムとして最も注目すべきことは
長期の低迷から脱出した舞台裏です。
 
それを考えること、知ることは
ビジネスにおいて、これ以上ないほどのヒントと参考になること確実、
と言えます。
 
そこで今回紹介するのは、
 
『変わるしかなかった。』 野村謙二郎 (著)

38-1.jpg
 
です。
変わるしかなかった。/amazonへ
 
 
昨年まで広島を率いた指揮官、
16年ぶりのAクラスに導いた野村謙二郎氏による
5年間の奮闘録。
 
読んでいて、驚くことばかりでした!
 
正直、監督という立場の人間が、
ここまで率直に心情を明らかにした本は、今までなかったと思います。
 
つまり、カッコつけてないんですね。
 
自分の出したサインがあまりに外れるので
自らの考えの逆を試してみた、という衝撃の告白もあったり…。
 
一人の人間が、もがきにもがき、苦しみ続けた様子が
ストレートに書かれています。
 
だからこそ、学びになる。
 
 ・組織を変えること、率いることが
  いかに難しいのか。
 
 ・負けが続き、指揮官としての自信を失いながらも
  戦い続けねばならないことの苦しさ。
 
 ・結果を出すために、何をどう変えねばならなかったのか。
 
 ・リーダーを育てることの必要性、その難しさ。
 
野村氏の監督としての苦悩は、そのまま社長や管理職の悩みであり、
低迷から脱したことは、ノドから手が出るほど知りたいことのはず!
 
新年度を迎えるこの時期に、1日も早く読んでおくべき一冊です。
 
尚、本書を読むときに、おすすめの音楽は
『Piano Starts Here』です。

38-2.jpg
Piano Starts Here/amazonへ
 
ジャズピアノの神様と呼ばれたアート・テイタムの名演。
しかも、1933年と1949年、16年の歳月を経た演奏が収録されてあります。
奇遇とはいえ、16年ぶりAクラスの広島と重なるところも興味深いです。
 
ぜひ合わせてお楽しみください。
 
では、また次回。
 
 

第37回 『VTJ前夜の中井祐樹』 (著:増田俊也)前のページ

第39回 『誰も伝えなかった ランドスケープ・フォトの極意』 (著:相原正明)次のページ

関連記事

  1. 第119回『宗棍』(著:今野敏)

  2. 第30回 『私の読書遍歴 ― 猿飛佐助からハイデガー』
    (著:木田 元)

  3. 第67回 『おしえて北斎!』 (著・いわきりなおと)

最新の経営コラム

  1. 第22話 中小企業にとっての退職給付制度

  2. 第159話 中国の景気悪化より米国発の世界同時不況が大問題

  3. 第244回 社長のセブンルール

ランキング

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10

新着情報メール

日本経営合理化協会では経営コラムや教材の最新情報をいち早くお届けするメールマガジンを発信しております。ご希望の方は下記よりご登録下さい。

emailメールマガジン登録する

新着情報

  1. 健康

    第94号 「楽しい」がうまくいく理由
  2. 経済・株式・資産

    第45回「新成長戦略1 インフラシステム輸出の将来性」
  3. 社員教育・営業

    第81回コミュニケーション上手になる仕事の進め方 2
  4. 教養

    2014年10月号
  5. サービス

    98軒目 熊本の洋食屋の愛されるカレー
keyboard_arrow_up