menu

経営者のための最新情報

実務家・専門家
”声””文字”のコラムを毎週更新!

文字の大きさ

マネジメント

第7回 ”ベストな目標”の与え方(1)

社長の右腕をつくる 人と組織を動かす

指導者として、社員・部下のやる気を引き出す「目標の与え方」をマスターしたいものだ。

目標の与え方によっては、やる気を促すこともできるし、反対に、意欲をそぐことにもなるからだ。

そもそも人は、“目標を持つことによって、より達成意欲をかき立て、スキルも磨こうとする”ものである。その反面、
目標があまりにも現実離れしていては、その意欲も萎縮してしまう。目標設定をどこにするか、そのさじ加減が難しい。


基本的には、“やってやれないことはない”というラインをめどに目標を設定するのがポイントだ。
微妙な表現ではあるが、社員それぞれの能力を10%から15%程度上回るあたりを基準とすべきである。

これが五割、六割アップ、あるいは二倍ということになると、
最初から“そんなの無理じゃん”とあきらめの気持ちが先に立ってしまう。
かといって、ほんの少しの頑張りで達成可能なラインに目標を置けばよいかというと、
これもまた彼らの新たな意欲を引き出すことにはならない。


一回の挑戦では不可能、二回でも無理、ようやく三回目で手が届く―― 。

能力を10%から15%程度上回るラインとは、こんな感覚だ。設定目標のめどはこのあたりに置くことが望ましい。

そのためには、普段から彼らとのコミュニケーションができていて、
社員一人ひとりの能力を正しく押さえていることが前提
となることは、いうまでもない。

また、いったん目標を与えたからには、やり方についてはできる限り彼らに任せるのもポイントだ。

意欲をかき立てるラインの設定、そして最終的には任せること。それが、目標の与え方の基本である。

                                                      (次回へ続く)



新 将命     

第6回 若手の『やる気』に火を付ける前のページ

第8回 ”ベストな目標”の与え方(2)次のページ

関連記事

  1. 第56回 『異見も意見』

  2. 第109回 『おまえに任せた!』

  3. 第62回 『自己暗示』

最新の経営コラム

  1. 第169回 「達人に学ぶ①アパホテル 元谷拓さん」

  2. 第4講 まず、担当者がお客様との正しい関係に合った対応をすること!

  3. 第19回 成長するフィンテック企業の戦略 ~ クラウドファンディング Makuake ~

アクセスランキング

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10

新着情報メール

日本経営合理化協会では経営コラムや教材の最新情報をいち早くお届けするメールマガジンを発信しております。ご希望の方は下記よりご登録下さい。

emailメールマガジン登録する

新着情報

  1. 製造業

    第289号 カイゼン提案活動で 『工場の売り上げも利益も社員実力も伸びる!』 実...
  2. マネジメント

    万物流転する世を生き抜く(12) 本能寺の変の勝算
  3. 後継者

    第16回 プラス思考を身につけさせる
  4. マネジメント

    第45回 『会議のすすめ方』
  5. マネジメント

    第77回 『フルコンディション』
keyboard_arrow_up