menu

経営者のための最新情報

実務家・専門家
”声””文字”のコラムを毎週更新!

文字の大きさ

人間学・古典

第二十話 「報恩」

中国哲学に学ぶ 不況は会社守成の好機

中国のことわざに“子は母の醜さを厭わず、犬は家の貧しさを厭わず”とある。
それぞれが恩を受けていることが身にしみこんでいるからだろう。


唐の名君、太宗の功績を書いた貞観政要に「一度、食する毎に稼檣(かしょく)の艱難を思い、
一度、衣を着る毎に別ち紡績の辛苦を思う」
(食事をするたびに農民の苦労を思い、
着物を着るごとに紡績の辛苦を思う)とある。


“水を飲んだら、井戸を掘った人を忘れぬ”とはよく教えられている言葉。
私のように、若い頃五無才(学なし、金もなし、なし、頭髪もなければ、青春もなし)と、
貧困失意のドン底にあったとき、生気を蘇らせてくれたのが、
和漢朗詠集にある“東岸西岸(とうがんせいがん)の柳(やなぎ)、遅速(ちそく)同(おな)じからず、
南枝北枝(なんしほくし)の梅(うめ)、開落(かいらく)已(すで)に異(こと)なり。

中国の河幅は広い。東西・南北では春の訪れにも差があるの意だが、私はこの文句に出会った時、
いま自分の立場は西岸の柳、北枝の梅のように人々より遅れているが、努力すれば南枝の梅や
東岸の柳のように同じ花を咲かせ、芽を出すことができる思い頑張り続けてきた。

いま私の屋敷の内外に柿一本が立ち、梅の木十二本が春に先がけて色とりどりの花を咲かせている。
いずれも私を死地から生地に導いてくれた木である。


また、小学生当時三十銭の学用品代を稼がせてくれた柿の老木も昔のまま残っているし、南天、柾木など、
父親の借金返済に一円、二円の助力をしてくれた恩ある草木。いまは庭の片隅にいる格好だが
私にとっては、リンゴ、ミカン等の口を楽しませる木々よりも大切な木々なのである。


※一部旧字を現代漢字に変更させていただいております。

第十九話 「人生の大病は只傲の字なり」前のページ

第二十一話 「学ばざれば牆(まがき)に面す」次のページ

関連記事

  1. 第二十六話 「難によりて材をあらわす」

  2. 第二十五話 「松柏は霜を受けても」

  3. 第一話 「不況は会社守成の好機」

最新の経営コラム

  1. 第183話 ボタンを掛け違えたM&A

  2. 第153話 さとう@川崎市☆新百合ヶ丘 ~地域密着でがんばる凄い海鮮ちらしの寿司屋

  3. 第195回 BCP(ビジネス・コンティニュー・プラン=事業継続計画)について

アクセスランキング

新着情報メール

日本経営合理化協会では経営コラムや教材の最新情報をいち早くお届けするメールマガジンを発信しております。ご希望の方は下記よりご登録下さい。

emailメールマガジン登録する

新着情報

  1. マネジメント

    逆転の発想(34) 味方にするなら権威より民心(北条早雲)
  2. 社員教育・営業

    第63講 クレーム対応のルールを間違って理解しているから失敗する(3)
  3. 健康

    第24回 「役割を全うする」
  4. 社長業

    Vol.158 企業の緩み「10の兆し」
  5. 教養

    第7回 自宅で楽しむワイングッズ
keyboard_arrow_up