menu

経営者のための最新情報

実務家・専門家
”声””文字”のコラムを毎週更新!

文字の大きさ

人間学・古典

第二十一話 「学ばざれば牆(まがき)に面す」

中国哲学に学ぶ 不況は会社守成の好機

この言葉は書経にあるもので、学問をしなければ壁に向かっているようなもので、
向こう側のものは見えない。という意味である。

とかく若い頃の学問は、優秀な学校へ入学するため、有名企業に就職するためなど目先の
目的を達するためと考えている者も少なくない。

従って目的達成後は、活字を見ただけで頭が病んでくる。銀行時代、入行二年目の大卒者に
読書を奨めたところ、われわれの帰宅は夜の九時は過ぎ、読者などは到底と、いかにも
私の認識不足を指摘しているかの様子。そこで、では定年後、勉強しなさいと突っぱねておいた。


言志四録という本に、“朝食せざれば昼に飢え、少にして学ばざれば壮にして惑う、
餓うるは忍ぶべし、惑うはいかんともなし難しとある”
現代社会でもよく見かけることだが、
優秀は成績で学校を卒えながら社会人になっては影が薄くなったり、優秀な会社を不振に流しいれたり
すべて、学校時代の学問を過信して、その後の学問を怠ったからといえるだろう。


中国の昔、西漢の劉邦は楚の項羽を亡ぼして天下を得た。
陸賈(りくか)というものが帝王学の書といわれる“書経”を学ぶように奨めたところ劉邦は、
“自分は馬上で天下を得た”今さら帝王学でもあるまい。と断った。
これに対し陸賈は“たしかに陛下は馬上で王者となられましたが馬上で国家を治めることができますか”と
やり返したと本にある。


先年、ある老人会で長生きの秘訣を聞かれたので、自分の耳、口、目に一役果たしてもらうことだ。
人間は頭から墓場へ近づくといわれるからと答えておいた。

 


※一部旧字を現代漢字に変更させていただいております。

第二十話 「報恩」前のページ

第二十二話 「孝は道の美」次のページ

関連記事

  1. 第十五話 「怒りを止むるは」

  2. 第二十五話 「松柏は霜を受けても」

  3. 第三十六話 「一以てこれを貫く」

最新の経営コラム

  1. 《特別対談》「すしざんまい」喜代村 社長  木村清×日本経営合理化協会 牟田學

  2. 「会社の健康を守り生産性を上げる法」/精神科医・作家 樺沢紫苑氏

  3. 第69回 奥津温泉(岡山県) 殿様が独り占めした足元湧出泉

アクセスランキング

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10

新着情報メール

日本経営合理化協会では経営コラムや教材の最新情報をいち早くお届けするメールマガジンを発信しております。ご希望の方は下記よりご登録下さい。

emailメールマガジン登録する

新着情報

  1. 経済・株式・資産

    第28話 なぜアメリカのCEOは中国共産党を評価するか?
  2. マネジメント

    第127回 『メンターとの付き合い方』
  3. マネジメント

    挑戦の決断(14) 被災した民のため国庫を開け(明暦大火に対処した保科正之)
  4. 後継者

    第98回 あなたのストーリーは何ですか?
  5. 戦略・戦術

    第15回 人が採用できない時代に突入!!継続できる企業は、採用できる企業
keyboard_arrow_up