menu

経営者のための最新情報

実務家・専門家
”声””文字”のコラムを毎週更新!

文字の大きさ

人間学・古典

第十九話 「人生の大病は只傲の字なり」

中国哲学に学ぶ 不況は会社守成の好機

この言葉は、明の王陽明がのべたものだが、人の一生で最も害をもたらすものは傲の一字である。

傲慢であれば、親にも不孝、君には不忠、友には不信を働くことになる。さらには自分に対しても、
ブレーキさえ効かなくなるだろう。

古今東西を問わず破れた者のすべて、といえるほど傲病がその原因をなしているように思われる。

この例は昔に求めることはない。最近の大型小売店の行き詰まりなどにしても、
そのもとをただせば思い上がり、傲慢という不治の病といえるだろう。


私のような、学歴なし、カネなし、地位なしという貧乏育ちともなると僅かな貯金ができても、
最低の肩書きを持っても、天にも昇った気分になる。こうした初期症状のうちに、
反省の鞭を心得ないと不治の病となる。


相当押えたつもりであったが、それでも銀行の本部課長になったときと取締役に就任した時の二回、
傲病の初期症状を覚えた。課長当時のそれは、身分のない人達との交際で拭き去り、取締役のときの
うぬぼれは、堅実、謙虚、倹約、憲法(道を守る)、研磨の五件なる者を自分に言い聞かせて沈静化し、
退職後は百姓道楽に熱を入れ名札から遠ざかっている。


現在、傲慢を振舞う相手といえば野菜と果物だけとなっている。
それも、甘くない、水気が足りないなどの批判を受ける、これでは傲慢病も芽を出す暇もなくなってくる。


※一部旧字を現代漢字に変更させていただいております。

第十八話 「老馬の智、用うべし」前のページ

第二十話 「報恩」次のページ

関連記事

  1. 第十三話 「声無きに聴き、形無きに視る」

  2. 第二十九話 「二卵を以て干城の将を棄つ」

  3. 第七話 「肉を割いて腹に満つ」

最新の経営コラム

  1. 第169回 「達人に学ぶ①アパホテル 元谷拓さん」

  2. 第4講 まず、担当者がお客様との正しい関係に合った対応をすること!

  3. 第19回 成長するフィンテック企業の戦略 ~ クラウドファンディング Makuake ~

アクセスランキング

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10

新着情報メール

日本経営合理化協会では経営コラムや教材の最新情報をいち早くお届けするメールマガジンを発信しております。ご希望の方は下記よりご登録下さい。

emailメールマガジン登録する

新着情報

  1. マネジメント

    第111回 中小企業の新卒採用に必要なこと
  2. 人間学・古典

    第72講 「帝王学その22」 用うること正人を得れば、善をなす者みな勧(すす)む...
  3. キーワード

    第41回(ノウハウを披露する「コマーシャルデザインラボ」)
  4. 教養

    第93回『デンマークの親は子どもを褒めない』(著:ジェシカ・ジョエル・アレキサン...
  5. 教養

    2016年11月号
keyboard_arrow_up